ポンコツFラン大学生が起業してみて。発信の理念『自由奔放に生きる人生』とよっしーの経歴。

初めまして、よっしーと申します。

当ブログの運営者「よっしー」の詳細プロフィール記事です。

当ブログの他の記事やTwitterYouTubeチャンネルなどで僕を知って
「なんだこいつ?」と少しでも興味を抱いた方はぜひ最後まで読んでみてください。

 

お金を稼ぎたい!!人生の密度を濃くしたい!!と思っている人にとっては
かなり刺激的な記事かと思います。

 

僕は19歳の時からビジネスを始め、
情報発信でメディアを作り上げ、
21歳で月収50万達成しました。

 

現在はフリーのウェブマーケターとして活動し
個人に対してビジネスを教えて、
経済的にも時間的にも自立できた人を増やす活動をしています。

 

簡単な経歴を紹介すると、

ーーーーーーーーーーーーー

大学受験で偏差値40から一切上がることなく、
本番でも大失敗し、浪人確定。絶望を味わい受験うつになる。

浪人中にネットビジネスの存在を知り、
受験勉強を放棄し、センター試験が終わった直後に起業。

Fラン大学に入学した後バイトして、
バイトで稼いだ数十万単位のお金を情報に投資して
ビジネス関係の知識をインプットしまくる。

およそ半年後、当時月収180万ほど稼いでた師匠に弟子入りする。
その際ビジネスの原理原則、仕組み化、マーケティングを学ぶ。

また、師匠から学ぶ上で、
バイトだけじゃお金を賄えなかったので、
知識を得るために金融機関から30万借金して本気さをアピール。

毎日何時間も死に物狂いで働いて100万円を稼ぐより、
なーんも仕事せずに100万円を稼ぐほうが経営者としては優秀だと教わり、
いかに働かずに稼ぐか?ということを考えるようになる。

大学の講義があまりにも不毛な時間だったので、
入学から1年後に親の反対を押し切り中退。

その後自分のビジネスが勝手に回るよう仕組みを構築したことで、
21歳にして月収50万達成。

これまで学んできた知識を駆使して
起業したい人や副業からでも稼ぎたい人の起業支援、売上UPのための講座、コンサルティングをして
0→1突破してくれた人が続出。中には月収150万達成した人も出現。

僕自身ももっと成長してお金が稼げるようになりたいと考えてるので
さらなる高みを目指すために毎日勉強してビジネスを作っている。

ーーーーーーーーーーーーー

このような経歴です。

箇条書きで、もっと僕の紹介をしましょう。興味持って欲しいので、胡散臭いの承知で書きます。事実なので。

  • 月収50万達成(最高月収は130万)
  • 1時間ほどの作業で2万円稼ぐ
  • 本当に何もしなくても月収が25万円切ることがない
  • ビジネスに出会ってから同年代の人より思考力がつく
  • バイトと自分の事業で稼いだ300万をビジネスに投資
  • 月収180万の実業家にコンサルを申し込んで直接ご指導いただいた
  • 起業家にコンサルをして、3ヶ月で月収150万達成させる
  • 他にも月収10万、30万、50万と収益化を実現
  • 大学生の頃から人を雇って仕事を依頼している
  • 起業してから勉強の楽しさを知る
  • 人生は学びの連続であることを知る
  • 学びと実践を繰り返すことで自分がレベルアップしていく過程が楽しい
  • 数百億円以上を稼ぐ人物の存在を知り、井の中の蛙感を味わう
  • 10代で起業し300万稼いでる人を知って自分が歳を取っていくことに恐怖する
  • 複数の起業家と知り合いになり情報交換して刺激を受け合う
  • 異世界にいけばいくほど、自分の存在がショボく見えて悔しい思いをする
  • 中高生の落ちこぼれ時代に生産性のない時間を送ったことを後悔し今は超勉強して実践している
  • プライドを捨てて凄いと思った人から素直に学びまくる
  • 自由奔放に生きる人生を歩むために、やりたいことにすぐ挑戦する
  • 自分と同じように自己研鑽にはげみ、刺激をもらえる友人がたくさんできる
  • 起業してからは仕事がめちゃくちゃ面白い
  • 仕事嫌いだと思っていたが、実は仕事が好きだった
  • 読者100人のメールマガジンを運営
  • ネットビジネスの最先端の経営者から直々にビジネスを学んでいる

 

これが僕にとっての当たり前の日常です。

 

起業してからは情報発信やアフィリエイトなど、
コンテンツビジネスに特化して事業を拡大してきました。

 

他にも、僕からビジネスを教わりたいと言う人が続出し、
個人に対してマーケティングや情報発信を教えたりしてます。

 

ゼロからビジネス始めた人を指導して、
半年以内に10万、30万、50万、
中には150万円稼いだクライアントもいます。

 

あとは合宿やったり、作業会勉強会やったり、
最近だとテレワーク主流なので、
通話越しにパワポ使ってセミナー開いたり。

 

今はまだ21歳ですが、
それなりにいろんなことを経験してきました。

 

あとは仲のいい起業家同士で地方に旅行に行ったり、
都内で飲み屋に行くことも多いです。

 

それも、いわゆる愚痴を吐く飲み会ではなく、
明るい未来の話をしたり、

 

お互いが活力に溢れるような、
生産性のある時間を過ごすことができてます。

 

ビジネス始めてから、
そーゆーポジティブな仲間が増えて、毎日すごく楽しいです。

 

一般的な感覚とは乖離があり、
嘘くさいと思われるかもしれません。
昔の僕が見ても信じれないような内容です。

 

こういう話をすると、
お前にはセンスがあったんだろとか、
自分がこんなことをできるはずがないと思ってしまうかもしれません。

 

ですが、
昔から僕は才能があったとか、お金を持っていたとか
ビジネスに詳しかったとかは全くありません。

 

それどころか昔の僕は学校の成績は落ちこぼれで、
人と目を合わせて話すことができず、
緊張してどもってしまうような社会不適合者でした。

 

そしてビジネス経験が0の状態から始まり
一つ一つの積み重ねがあるからこそ、
今に至ることができました。

 

今では起業して自分の力でお金を稼ぎ、
新しい仲間も増えて、
仕事も楽しくさせてもらってます。

 

とはいえ、元々は1年浪人してFラン大学に入り中退しています。

 

世間的には落ちこぼれの扱いを受けますが、
正直、同世代の中ではかなりの経験を積んできてる自負はあります。

 

今でこそ、この若さながら自分で稼げるようになって、
自信ありまくり人間に成長することができましたが、
昔は自信もへったくれもなく、19歳までは
劣等感の塊のような人間でした。

 

昔から僕の周りは、いわゆる優秀な人ばかりだったので
自分の能力の低さに何度も嫌気が差しました。

 

中学時代は背中の怪我が原因で勉強できなくなり、
偏差値が40を下回る頭の悪い高校に行き、
有名な偏差値の高い大学ではなく、
チンパンジーしかいないような頭の悪い大学に通ってました。

 

僕はいわゆる陰キャ的なキャラだったので、
当然学生時代はクラスに馴染むことができませんでした。

 

馴染めないが故に、人と話してて、
変なこと言っちゃって、嫌われるんじゃないか?
と怖くなったりして、
まともにコミュニケーションを取ることもできませんでした。

 

あの時の、虚しさというか、
俺はここで何をやってるんだろう、
早くこの場から消えていなくなりたい、、、
という思いは一生忘れないでしょう。

 

それと、僕はゲームが超大好きでした。

音ゲーやFPSゲームなどは特に好きで、
1ヶ月で3万4万と、息を吸うかの如く多額のお金をゲームに使ってました。

 

当然お金がなくなってくので、
いくらバイトしてもお金は増えません。

あまりに遊ぶお金が欲しくて、一時期は
隠れて親の携帯の支払い権限を使ってiTunesを買いまくるなんてこともしてました。
今思うとマジでクズ人間です。

 

自分の目先の欲望に囚われた結果、
散財を繰り返したことで、
お金は増えず、取り柄がない自分に対してさらにコンプレックスをこじらせ、
そんな生温い自分がどんどん大嫌いになっていきました。

 

自分の将来に希望も持てず、
劣等感を感じながら、何も生産的なことを考えず、
大学受験に失敗してうつ病になり、
自分の嫌なことからは避ける。

そんな毎日を過ごしていたのです。

 

周囲への劣等感、将来への不安、自由に使えるお金も少ない。
なので精神的な余裕がありませんでした。

 

起業するにあたって、何一つ有利な武器もないまま、
勉強を重ねて、現在に至ることができました。

 

起業の世界を覗いてみると、

  • 10代にして月収100万達成し、翌年には年収3000万達成した元浪人生
  • 起業初月で月収100万超え、今では会社を3社代表していろんな企業のコンサルティングを受け持ってる慶應生
  • 会社員から副業を開始して月収300万超えて脱サラした人
  • 主婦を営みながらハンドメイド作家として仕事をし、声優指導や学校教師まで兼業しながら月収70万達成した女性

 

などなど、
経歴がバケモノばかりの人と直々に出会うことができて、
毎日がとても刺激的です。

 

こういう起業の世界を知った時は、
いかに自分が井の中の蛙なのかを身をもって実感しました。

 

起業する前と後では生活がガラリと変わりましたよ。

 

起業しなかったら絶対に出会えないような
異常値人間とお会いする機会にも恵まれ、
世の中にはすごい人たちがたくさんいることを知ることもできました。

 

今、こうやって自分で書いていても、
漫画の世界のような話に聞こえます。
シンデレラストーリーのようです。

なんなら怪しいと思いますよね。
ですが、本当の話です。

 

昔の僕では絶対に信じることができなかった世界も
実際に起業してみたら
景色が今までと違って鮮やかに見えるようになりました。

 

だから、このブログを通して、

 

自分の力でお金を稼げるようになると
人生に彩りが出てきてすごく楽しくなるんだよ。

そして、自分憧れる未来は、
あなたの努力次第で意外と簡単に手に入れることができるんだよ。

 

ということを、
将来に対して悩んでいる人や
自分に自信がない人に
僕は本心から伝えたいです。

 

人生で一番やってはいけないことは、
悔いを残して死んでいくということです。

人生というのは限りがあります。
限りがあるから、その間全力で楽しんで、
死ぬ間際に、

 

「俺の人生、すっげぇ楽しかったわ、、、」

 

と永眠できたら
それは楽しい人生だったと言えるのではないでしょうか。

 

一緒にいてストレスが溜まるような人といるより気が合う人といた方が楽しいし、
行きたくもない会社に就職して、残りの数十年を忠誠心のカケラもない会社のために退屈な仕事をするより、心から楽しいと言える仕事をしたほうが面白いし、

 

綺麗事抜きにお金だってないよりあった方がいいでしょう。

 

だから、

仕事も楽しい!
仲間に恵まれていて楽しい!
お金も稼げて楽しい!

 

と思えるような人が増えたらいいなと思っています。

 

その上で、将来的には一緒に仕事をしたり、
一緒にお酒を飲んだりして、末長くお付き合いができたらなと。

 

…と、こういう想いがあって、
このブログやメルマガで僕の経験や考え方を発信しています。

このブログでは

  • 本当の金持ちの生態系
  • 自分のビジネスを仕組み化してネット上に自販機を設置する方法
  • 僕が数億稼いだ超絶頭いい経営者から直々に教わった知識や思考法
  • ビジネスで成功してる人の価値観

 

などを、僕が起業して直々に学んできた
知識、思考、戦略、ロジックなどを惜しみなく書いていきます。

 

ぜひ興味のある記事から
どんどん読んでください。

 

いいなと思う記事や質問があれば、
ぜひ気軽にコメントやメールを
送っていただけると嬉しいです。

 

小学生時代〜ご飯の食べ方から始まったいじめ
誰一人味方はできず、ぶん殴られ、押し倒され、顔を踏んづけられた

1998年、僕は東京で生まれ、幼少期は藤沢で過ごしました。

僕は遊ぶのはすごく大好きで、逆に勉強は大嫌いだったけど、
それでも「将来のため」と両親から言われ、
仕方なく塾の勉強をしていました。

 

もちろん勉強が終わればすぐに外に遊びに行きます。

 

小2小3になってくると、
連絡網を出してクラスメイトの家に片っ端から電話をかけて
「〇〇くんあそぼ!」「〇〇ちゃんあそぼ!」

と声をかけるくらいにはアクティブになり、
遊んでいる過程でいろんな友達を作ることができました。

学校の先生たちや、
地域のおじちゃんおばちゃんとも仲が良かったので、
当時住んでた環境が大好きでした。

 

しかし、ふとしたきっかけで、
僕の学生生活はどん底まで落とされます。

小4になってから、引越しすることになり、
横須賀に転勤することになりました。

 

僕の父は証券会社で働いてて、仕事の関係で転勤が続き、
やむなく、今までの友達とは離れ離れになってしまいました。

 

クラスメイトと学校でお別れ会をした時、
全員の寄せ書きをプレゼントしてくれて、
嬉しい気持ちと悲しい気持ちが混ざって、
思わず大粒の涙を流してしまいました。

 

すっごく仲良しだった友達たちと離れ離れになることが
辛くて辛くて仕方なかったです。

 

横須賀に引っ越してから、
また新しい人たちと付き合うことになりました。

しかし、彼らは僕を受け入れてはくれませんでした。

 

新しく転校して来た僕を仲間外れをするようになったのです。

それは次第にエスカレートし、
ひどいいじめにまで発展するようになりました。

 

特に給食の時間。
僕は体が生まれつき小さかったので
親からはたくさん食べるよう教育されていました。

 

なのでなるべく時間内にたくさん食べれるよう早食いだったのですが、
クラスメイトは何でもかんでも一緒に食べる僕の食事方法が気に入らなかったのか、

 

「違う食べ物を一緒に食べるとかきもいいいいいい笑」

 

と、意味不明なこじつけを言い出して
何かと僕を卑下しようとしてきました。

 

今まで食事のことであれこれ言われたことなかったし
いじめられる経験なんて当然したことなかったので、
どう対応すればいいのか分からず、
拳と拳が混じり合う喧嘩にまで発展したこともありました。

「いやライスとハンバーグ一緒に食べて何が悪いんだ!」とか
「胃に入ったら全部一緒になるんだからいいじゃん!」とか

色々反論しましたよ。

でも、反論するとさらにエスカレートします。

 

年齢の割に体型が小さかった僕はいつも学校帰りに、

ぶん殴られて、

押し倒され、

足で顔を踏んづけられ、

全身アザだらけで帰ってました。

 

「雑魚がかかってこいやwww」

と言われながら石を投げつけられ、
目の下を切って血を流したこともありました。

 

「くそったれが。あいつらぶっ殺す。」
いきがってはいましたが、
身体も小さかったので、実際には、いじめてくる奴をぶっとばせません。
辛かったです。

 

当然先生にも相談しました。
先生に言いつける奴はダサいとか、茶々入れてくる連中もいて、
ある程度は我慢してましたが、

精神的にも肉体的にも追い込まれると流石に限界で、
どうすれば良いのか分からず、とにかく相談相手が欲しかったのです。

 

しかし、僕は絶望しました。
夕焼けで赤色に照らされた放課後の教室内で、先生から

「やられるキミにも原因がある」と言われたのです。

 

そりゃーもう絶句しましたよ。
え、この状況俺が悪いの?みたいな。

 

と同時に、転勤に巻き込んだ父を恨みました。

転勤さえしなければ、
俺がこんな辛い思いをすることなんかなかったのに。
前の日常を返してくれよ。
なんで俺だけ嫌な思いをしなきゃいけないんだ。

 

ひ弱な自分も大嫌いだったし、
誰も味方してくれない世間も大嫌いになっていきました。

 

怒りの矛先をぶつける場所もなく、
蟠りが日に日に溜まっていき、

ついに僕は不登校になり、
仮病で誤魔化して休むようになりました。

 

僕からすれば、
突如異国の世界に飛ばされ、
罵倒され、
ぶん殴られ、
仲間外れにされ、
仲間も誰一人としてできない。

 

しかも俺は布団の中に引きこもってる。

まさに地獄に突き落とされたような気持ちでした。

そして小学校をなんとか卒業し、
近所の公立中学校に進学します。

 

中学時代〜勉強が出来ないのに馬鹿な自分が認められない
彼女出来てもお金無くて何もしてあげられず後悔
そして高校受験期直前に不幸な事故に遭遇

いじめてくる連中は他の中学に行ったので、
心機一転新しい学生生活がスタートしました。

小学生の頃は過去の勉強の積み重ねが功を奏した結果、成績は優秀だったのですが、
中学1年の5月くらいから雲行きが怪しくなっていきました。

 

人生で初めて、
勉強につまずきました。

「一次方程式がわからない…」

何度勉強しても数学の一次方程式が理解できません。

「は?なんで突然xが出てくるの????」

「yって何?なんでこっちはxじゃないの????」

僕は元々勉強が嫌いだったのに、
追い討ちをかけるように勉強が嫌いになり、

何度勉強しても理解できない自分の無能さに嫌気が刺しました。

 

「昔は勉強できたのに、なんで理解できねえんだ俺…」

人生初めての挫折です。

みんな平然とスラスラ問題解いてるのに俺はできない。

まるで一人だけ取り残されている感覚でした。
今までいじめられてたこともあり、
セルフイメージは最悪で、
常に誰かが僕をバカにしてるのではないかと思っていた時期もありました。

 

塾でも小テストで僕だけ不合格で取り残され、
なんとかして勉強頑張ろうと努力はしましたが、
思うように結果は出せず、

さらに勉強に対するモチベーションが下がっていき

 

「結局勉強頑張っても頑張らなくても同じだし、頑張っただけ無駄だな」

 

と考えるようになりました。

おかげで勉強に対する熱意はほとんど皆無になり、
勉強は適当に答え写して片付けるのが当たり前になりました。

 

と同時に、小学生の頃はデキたという過去の栄光にすがりついて、
勉強できない自分が認められませんでした。

 

クラスメイトに定期テストの点数をみられるのが嫌で、
テスト返却の時間が苦しくて苦しくて仕方ありません。

 

だからテスト返却されると、
いつも点数が書いてある部分を折り曲げて隠してました。

 

で、友達に点数を聞かれた時は、

テスト?50点だよ全然勉強しなかったからね〜w
(本当は43点)

と、よく点数を盛って誤魔化してました。

 

他人にバカだと思われたくありませんでした。
成績で自分の取り柄がなくなったら、
本当に何もない空っぽの人間になってしまします。

 

だから「本当はできるんだ」
と自分に言い聞かせて自己暗示してました。

 

自分の成績が低いことを現実として受け止めきれず、
いつも都合のいいように解釈して逃げて来ました。

今思うとプライド高いっすね〜。

本当に恥ずかしいです。

 

ちなみに、英語は中二の不定詞でつまずきました。

「to+動詞の原形ってなんだよ。なんで訳が3つもあるんだよ。意味不明。」
とかほざいてました。笑

かつて90点100点ばかり取ってた僕が、30点台を平気で叩きだすようになったので、
中学卒業時は評定平均2を叩き出してました。

 

オール1じゃなかったのがまだ良かったですが、
正直なところ、提出物だけは出してたので、
関心意欲態度だけはかろうじてキープしており、
もし学力勝負だったら確実に1になってたはず。

 

そんな勉強嫌いな僕に、少しの間ではありますが、
彼女ができました。
中2の夏の話です。僕は彼女の家でいつも家デートしてました。

あの時は本当に幸せでした。
ですがそれも1ヶ月で幕を閉じます。

振られました。理由は”面白くないから”。
確かに家デートばかりしていたので、
おもしろくないのも今ではわかります。

でも、どこか出かけるにしても金がないんですよ。

中学生の頃の僕のお小遣いは月1000円です。
1000円だけで何かをしてあげるなんて不可能です。

自分の交通費だけで吹っ飛びます。
何も買ってあげることができません。

お金ないからごめん…と言うのは本当に申し訳ないと思ったし、
同時に自分の無力さに腹が立ちました。

お祭りに行った時はりんご飴すらおごってあげることができませんでした。

結局綺麗事抜きでお金は必要なんだな。

と振られた当夜に悟り、

当時使ってたiPhone4sで、”お金 稼ぎ方”とか調べまくってました。

 

その時、

 

「なんだこれ?」

 

偶然ネットビジネスの存在を知りました。

Googleの検索結果に
『アフィリエイトで月収100万!』
なんてスーパー胡散臭いブログがあって興味本位で記事を読んでみました。

 

当時の僕には理解できなかったのと、胡散臭い、詐欺じゃね?という先入観から
一切聞く耳を持たず信用しませんでした。

結局無一文系中学生の僕はお金にコンプレックスを抱き、中3になります。

 

中3になり高校受験の話題が出てくるようになりました。
高校にはいきたかったのでそこはかとなく勉強を始めるんですが、

 

ここで僕の人生をひっくり返す出来事がおきます。

10月僕は学校の体育で平均台の上で何か技を披露するテストが出されました。
僕は運動が大の苦手だったので、
一番簡単そうな平均台の上で前転するという技を選び、

その練習に取り掛かります。

その時です。

「うわわあああああああああ!!!!!!!」

一瞬天地がひっくり返ったと思ったら、
僕はいつの間にか地面に落ちてて、
その瞬間背中に息ができないほどの激痛に襲われました。

 

僕は平均台から落ちたのです。
横にはマットがあるのですが、
残念ながらマットがないところにお尻から落ちました。

背中を圧迫骨折しました。

圧迫骨折ってのは
簡単に言えば、

背骨が圧迫されて粉々になってぐしゃあってなることです。

 

マジで超痛かったです。

痛かったですと安っちい表現をしてますが、言葉にならない激痛が走ったというか、
怪我した瞬間は真面目に死を悟りました。

 

あまりの痛さに「あ、これ神経やっちまったかもしれん」と
瞬間的に思い、と同時に「まだ生きたい」と本能レベルでもがき苦しみました。

 

もう息ができないくらい痛くて、
身体を起こすこともできなくなり、
まるでひっくり返ったカブトムシのように手足をジタバタして、
近くの生徒に助けを求め、そのまま保健室に担がれていきました。

 

とりあえず湿布貼って、
放課後まで普通に学校生活を送ってましたが、

あまりにも痛すぎたので、
次の日病院で確認したところ背骨が砕けていたことが発覚し、
およそ1ヶ月の自宅療養を余儀なくされました。

 

ちなみにマットがなかったというのは完全に学校側の安全確認の怠りなので、
治療費は全額学校が出しました。

それでも受験期直前に怪我をしたというのは、
マジで堪えるものがあります。

 

これ以降、肉体的にも精神的にも疲弊し、
僕は勉強できない状態に絶望し、
背中が治った後も全く勉強しなくなります。

 

塾に行ってもダラダラするだけ、
学校もほとんど通いませんでした。

 

成績のことでは親と頻繁に衝突しましたし、
僕は勉強が嫌いだし、
シンプルにゲームしてた方が楽しいので
1日中ゲームに費やし、
完全に社会不適合者のような落ちこぼれ人間に堕ちていきました。

 

ただひたすらに目の前の楽しさだけを求めて遊びまくる昔の僕は
非常に滑稽な姿だったでしょう。

 

先生からも、
この子はもう勉強教えてもダメだと悟られたのか、
全く相手にされなくなりました。

 

小学生の頃に横須賀に引っ越してから、
自分に良いことが何一つ起きず、
不幸ばかり襲ってくる自分の人生が嫌になっていきました。

 

誰も僕に同情してくれる人はいなかったし、
現状を変える方法を教えてるれる人もいませんでした。

 

こうして僕は、学力でコンプレックスを抱き、
行きたかった高校は行けず
近くの偏差値40切った私立高校に進学することになりました。

 

高校生〜承認欲求と自己顕示欲の権化

『遊ぶ金が、欲しい。』

 

高校生になってから、
僕は勉強という勉強を全て放棄し、
自分のやりたいように生きるという問題児になりました。

 

まあ簡単に言うと、グレました。笑

 

今までいくら努力しても報われない世の中が大嫌いになり、
いっそのこと我慢なんてしないで、
自分のやりたいことに忠実になって生きようと決心したのです。

 

で、当時、僕らの界隈では音楽ゲームが流行っており、
僕も興味本位で遊んでみたのですが、
これが超楽しい。

 

どっぷり沼にはまって、
毎日ゲーセン通いするようになりました。

 

僕は得意なことが一切なかったので、
自分で何か自慢できるような特技が欲しかったんです。

 

あとは、僕の高校のクラスメイトに、
「俺はこんなことできるんだぜ」とか
「俺こんなやつらとつるんでるんだぜ」ってことをアピールしようとしました。

早い話、
「中学の頭のいい友達とつるんでる俺かっけええええええ」
って思われたかったのです。

 

僕は昔から失敗の連続だったので、
自分が人から認めてもらいたくて仕方なかったのです。

 

完全に承認欲求丸出しのイタいやつです。
恥ずかしすぎます。
恥ずかしすぎて思い出すだけで悶え死にそうになります。

 

自分でたくさんゲームして腕を磨くためにはお金が必要です。
1000円じゃ全然遊べません。

 

だから、承認欲求を満たすために飲食店の時給950円のバイトもはじめました。
自分のしたいことをするためにお金を稼ぎ、
そのお金をゲームに使って、人から「すごい!」と言われてもらおうとしました。

 

人生で初めてバイトして、
自分の銀行口座に、数万振り込まれた時は感動しました。

 

だって、今まで毎月1000円しかもらえなかったのに、
いきなり万単位でお金が入ってくるんですから。

 

当時の僕にとっては感動ものです。
感動ものなんですけど、、、
当時は完全にブラック企業としてこき使われたので辛かったです。

 

灼熱地獄の厨房の中、お金のために毎日ポテトや唐揚げなどを
ひたすらに揚げる作業を永遠に繰り返してました。

 

暑いし汗かくし油臭くなって髪の毛がペトペトになるし、
店長から「テメェ金もらってんだからちゃんとやれや!」と怒鳴られて、
辛いんですけど、この時の辛い気持ちも当時は認めることができません。

 

「お金を稼ぐんだからこのくらい当たり前だろ」
と思ってました。

 

「辛い」が言えないのです。
辛い思いをしてでも、
承認欲求を満たしたいと思ってました。

 

そこまでしてお金が欲しかったのです。

 

中2の恋愛を引きずってたというのもあったので、
何よりも音ゲーして自己形成するためにお金が欲しかったのです。

 

言ってることは一見かっこいいですが目的はガキンチョです。
そういう手段でしか自分をアピールすることができないんですよね。

 

こうして高校生の大半は思いっきりゲームすることに時間を使いました。

 

学校生活において楽しかったこと?
そんなものはありません。

 

二度と勉強なんてしてやるものか、とも思ってたので、
時間もお金も惜しみなくゲームに使いました。

 

そんな僕も、
気づいた時には大学受験生になってました。

 

大学受験失敗からうつ病に
偶然発見したネット起業の世界と価値観崩壊

高校3年になって、
「いい大学行かないと就職大変になって貧乏になるよ!」
という話を当時のクラスメイトから聞き、
ようやく受験に対して意識するようになりました。

僕は自分の学力やお金に対してコンプレックスがあったので、
いい企業に就職して安定した生活を送りたいと思っていました。

 

「確かに将来楽をしたいならやっぱ今から勉強しなきゃいけないのかな、、、」

 

と真面目に自分の将来のことを考え始めた僕は、

親の勧めで塾に行くと決め、
受験勉強を始めました。

先生から「とりあえずこの参考書で勉強すれば良いよ」と言われ、
その言葉を信じて勉強しはじめました。

 

しかし、今まで全然勉強してなかったので、
集中力は皆無。

というか勉強アレルギーが発動して、10分と勉強が続かず、
当然成績は伸び悩み、模試を受けても
結果は偏差値40から上がることはありませんでした。

 

まだ大丈夫。。。
まだ大丈夫。。。
これからが勝負だ。。。

 

と、正常性バイアスが発動し、気づいたら12月になっており、
いくら勉強頑張っても成績が上がらず、絶望していました。

どうせ頑張ったって結果は同じだ、と心が折れてしまい、
もちろん本番のテストでも全て不合格。
人生2度目の挫折を経験しました。

 

今回は「将来のためにも勉強しなきゃいけない」と自分に言い聞かせてましたが、
どうしても勉強の気持ちが続かない自分が嫌いになり、
マジで悔しかったのと自分のポテンシャルの低さに泣きそうになりました。

 

僕には覚悟が足りなかったのです。

 

中途半端な気持ちで勉強し、受験は失敗。
どこも受かることなく浪人確定し、
途方に暮れてました。

 

あー、俺どうしよ。
人生終わったわ。死にたい。

 

完全に受験うつになりました。

そんなメンタルズタボロで超凹んでた時、
夜中に布団の上でyoutubeでネットサーフィンをしていた際、
今の僕の恩師でもある経営者さんの動画に出会いました。

 

これが僕の人生を大きく左右させます。

 

彼は受験うつになってる受験生に対してのメッセージや勉強方法を発信しており、
僕はそれに共感して勉強するようになりました。

 

この人の勉強法すげぇ!
めっちゃ捗るし、
英単語1週間で1900個覚えれた!!
神かよ!!!

こうして、この人の受験系の動画をかたっぱしから再生して、
画面に釘付けになりました。

そんな中、
僕はその人がネットビジネスに関する情報を
動画やブログで情報発信してることを知ります。

 

ネットビジネス?そういえば中学の頃、そんなこと言ってるサイトあったなぁ、、、

とぼんやり思い出し

「あれ?この人も詐欺か?ネットビジネスって胡散臭いなぁ」

と何の根拠もない憶測をしていました。

自分はこんなに頑張ってるのに、バイトで日銭を稼ぐ程度しかできない。
金持ちはどうせ汚い事をやって大金を巻き上げているに違いない。

 

無意識にそんなことを考えていました。
勉強できない自分が認められないのと同様に、
金持ちなんてありえない!と否定する癖が発動しました。

 

ですが、お金を稼ぐことに興味はあったし
受験勉強の動画の話は割と信憑性があったので、
胡散臭いなと思いながらも、
自分の欲求に素直になって
その人が発行しているメールマガジンに登録してみることにしたのです。

 

今振り返ればあの時の判断が僕の運命を変えました。
あの時メルマガに登録してなければ今の僕は存在せず、
このブログも存在していないでしょう。

 

ビジネスのことを知って、いろいろ情報集めていくうちに、
僕の常識は尽く破壊されていきました。

 

ネットで稼ぐ人がいるという現実を知って、
羨ましいと思ったし、猛烈な憧れを抱きました。

 

もしビジネスで結果を出せば、
就職もする必要なくなるし、
学歴関係なくなるし、
受験勉強で苦しむ必要ないじゃん!

 

ということに気づいた僕は
受験勉強そっちのけでビジネスの世界に取り込まれていきました。

 

真の金持ちは超勉強家だった

メルマガを読んでいて、
真の金持ちは、世間が思ってるような、
卑屈でセコく、クソみたいな性格の人間とは違い、
勤勉で世の中に価値を提供してお客さんを喜ばせているんだってことを知りました。

 

動画の彼に限らずですが、
僕が出会った起業家は勤勉で誠実な人が多かったです。

 

情報のためならお金を平然と投資し、
その情報をもとにビジネスを作り上げ、価値提供する。

 

情報にお金使うとか、最初は意味不明でした。
情報って、物体ないじゃん、
意味なくない?とか思っていましたが、
冷静に考えてみれば、当然です。

 

情報に投資して、
勉強して力をつけるというのは実力を上げていくということです。

 

ビジネスの世界とは、
実力至上主義の世界であり、
実力がなければお金を稼ぐことは不可能なのです。

 

ビジネスでお金をいただくという事は、
お客さん価値を提供し、お客さんも納得した上で、
その対価としてお金をいただくというトレードの関係なのですから。

 

勉強して自分を成長させつつ、
謙虚な姿勢でいなければ、
お客さんは嫌がって離れてしまいます。

 

いじめられ、
勉強もできず、
落ちこぼれで、
将来に絶望していた僕にとって
起業という選択肢はすごく憧れました。

 

大学進学とネット起業のはざま

ただ、不安もありました。
本当に稼げるのか?自分にも出来るのか?
騙されてるんじゃないのか?

そんな思いもよぎりました。

実際、親や友人にネットビジネスの話をすると、

 

「そんなのやめなよ!」
「絶対騙されてる!」
「そんな美味しい話はない!」

 

と木っ端微塵に否定されました。

確かに、世間でネットビジネスの話って、
少なくとも僕が生きて来た中では一度たりともなかったし、

話題にすらならないのに、
自分でビジネスやって稼ぐなんて、
本当に存在するのだろうか?

と疑ってしまうこともありました。

 

  1. 大学受験に挑んで大学進学し、就職するという王道のレール
  2. 学歴を捨ててネットビジネスに取り組み、一か八かビジネスに人生をかける

 

大学進学とネット起業のはざまで、
どちらを選択するか僕は葛藤してました。

 

大学時代〜単位とバイトとビジネスの勉強
自分の期待値が高すぎた故に心が折れかける

最終的に、僕は大学に行かなければならないという常識に引っ張られつつも、
ネットビジネス挑戦してみたいという気持ちだけは本物だったので、
『大学に通いつつビジネスをやる』という選択肢を取ることにしました。

 

「受験勉強は適当に片付けて
自宅から一番近いFラン大学に入学して
適当に授業をこなしつつ、
バイトしてそのお金をビジネスに回せば良いや」

 

と思っていましたが、
この考えはすごく甘かったと入学直後に悟りました。

 

大学が想像以上に忙しいのです。

 

「なんだよ世間と言ってること違うじゃん!全然暇じゃねーし!」

 

僕は毎朝9時に大学向かうために朝7時に起きて、
昼間の3時まで大学の講義を受け、
以降は全て課題やる時間とバイト。

 

バイトから帰って来たときは0時を回り、
そこから風呂入って飯食って寝る。

 

自分が自由に使える時間なんてこれっぽっちもなく、
ビジネスの勉強はわずかな隙間時間を使って行うしかありませんでした。

 

大学の講義中や昼休みなどの時間もうまく利用して、
パソコン叩きながらひたすらに勉強しつつ、
実際にビジネスに取り組んでました。

 

ブログでアフィリエイトするのが一番簡単と聞いたので、
自力で頑張ってブログ立ち上げて、
記事更新をしまくりました。

 

アフィリとは、簡単にいうと、
人の商品を代理で販売してあげて、
売れたら報酬が入るビジネスのこと。

 

しかし、、、いくら頑張っても結果が出る兆しが一切ありませんでした。
何やっても、1円すら稼げないのです。

 

なんでこんなに俺頑張ってるのに結果が出ないんだ。
簡単にできるって言われてたから俺でも稼げると思ったんだけど、
全然稼げないじゃん。

 

どうしよう。
教材にお金も使っちゃったし、
やっぱ詐欺だったのかなあ。
もうやめちゃおうかなあ。。。

 

と、諦めかけた時、
僕の今の師匠に出会います。

 

人生で初めてネットで稼いでみて
0→1突破してから利益が150倍になり、2度目の価値観崩壊

その師匠とは、僕が浪人時代に出会ったYouTubeの人の友達で、
彼もまた20代にして、ビジネスで月180万ほど稼いでる人でした。

 

僕は独学で勉強するのには限界があると感じ、
その方から直々にコンサルティングをしてもらうことにしました。

正直、怖かったです。
見ず知らずの人に大金払ってビジネスを教わることに不安を感じてました。

 

でも、これを逃したらきっと一生後悔する。

そう直感が働いて、
僕は金融機関から30万ほど借りて、
そのお金を投資しました。

 

コンサルが始まってから、
師匠と自分で一緒にビジネスを作り上げ、
ダメなところを適宜テコ入れしてもらいました。

 

それから1年後、大学も時間をバイトに回した方が
情報投資できるお金増えて効率いいなと思った僕は、
大学に退学届を出し、

 

今まで大学に使ってた時間を全てビジネスに費やすことにしました。

 

1日6時間以上時間が増えて、
バイトやビジネスなど、
本来やるべきことに大量に時間を注ぐことができて、飛躍的に成長し始めました。

 

 

その結果…

退学から2ヶ月して、
なんと初めてアフィリ報酬で2000円稼ぐことができたのです。

 

おおおおおおおおおおお!!!!!!!
この俺が、、、何やっても結果を出せなかったこの俺が!!!!!
初めてビジネスでお金稼げたぞ!!!!!!!!

 

たかが2000円ですが、
今まで不運の連続だった僕にとっては大きな自信になりました。

 

これだったら稼げる!!
そう確信してネットビジネスにのめり込んでいきました。

それから1ヶ月して、
収入は飛躍的に上昇し、月収30万達成。

その後もなんと月に50万を超える利益も出て、
「ナンジャソリャ」

とまた価値観が崩壊しました。

 

お金持ちの生態系を知って、
お金持ちの知識思考価値観を学ぶと
こうも人生変わってしまうのかと、
希望を感じました。

 

勉強すればするほど
僕のビジネススキルはますます上昇するし、
その分収入もどんどん増えます。

 

しかもこの時は、

大学受験で切羽詰ってた時や、
大学やバイトに行ってた時と違って
今は時間的にも精神的にも余裕があります。

 

故にイライラすることもないです。

 

満員電車に揺られて学校に行く必要も無いし
体調が悪ければずっと布団に潜っていられます。

 

それでいて、僕は仕事を仕組み化しているので
自分で作業することなく、勝手に利益が生まれます。

 

自分でも、働かずにお金を稼ぐなんてあって良いのだろうか、、、
と疑ってしまいますが、
現実である以上仕方ありません。

 

一部、ロクでもない詐欺野郎もいましたが、
僕の周りは向上心に溢れる人達ばかりで、
自分の実力を高めるために
勉強や実践にどんどんお金を使って知識経験を積んでました。

 

だから僕は、
稼いだ今でもさらに情報投資して、
さらなる高みを目指して仕事しています。

 

学んだことを生かして、
ビジネスを作り、人に感謝されて、
それがお金に還元され、
そのお金を使ってさらに学んで、パワーアップして、
価値を提供して、お金が稼げて、
稼げたお金をまた勉強に使って、
ビジネス作って、また収益が増える。

もうこれはたまらんです。
一度やればわかりますが、
これが半端なく楽しいんですよね。

 

お金が手に入るというのもちろん、
学んだことが誰かの役に立てるというのがすごく刺激的なのです。

 

稼いで余裕ができてプライベートが濃くなる

さっきも言いましたがお金を稼いだ結果、
圧倒的時間を得ることができました。

好きな時に仕事できるし、
好きなだけ遊ぶこともできます。

 

朝起きる時間も自由です。
眠い目をこすりながら目覚ましに
無理やり起こされ、
体調悪い中満員電車に乗る必要もありません。

 

普段は平日の昼間からカフェ行って、
カフェモカ飲みながらパソコンカタカタして仕事してます。

たまにクライアントと会って一緒に仕事したり、
仕事終わりに飲み屋行ってお酒飲みながらビジネス談議したりもします。

 

あと僕は温泉が好きなので、
よく起業家の友人と旅行に行きます。

 

先日は熱海に行って来ました。

都会の喧騒から離れて、
森林浴して自然のエネルギーを肌で感じながら癒されつつ、

宿に着いてからは仕事をしてちょっと疲れたら
熱海湾が一望できる天然温泉に入り、
水平線を見て目と体を癒しつつ、

自分の人生目標について語り合ったり、、、

頭もスッキリして
気持ちいいです。健康にもいいですしね。

 

ちなみに止まった宿が神対応すぎて感動したので、
今後熱海で仕事する時は、その宿一択になりそうです。

 

接客が最高クラスによかったし、
地元の新鮮な海鮮料理が食べれてめっちゃ美味しいし、
眺めも良いし、
こういう感動体験はいろんな人と共有したいなとも考えてます。

 

あとは、知ってる飲食店増やしたいなって思ってるので、
積極的に知り合いから料理美味しい店はないか聞いてます。

 

熱海の宿の料理もそうですが、

美味しい物を食べて感動したいので
紹介されたお店には積極的に行きます。

海鮮食べるなら、この店。鶏食べるならこの店。
お好み焼き食べるならこのお店。

みたいなレパートリーを増やして、
いろんな人と一緒にご飯食べに行きたいです。

 

ネットビジネス始めてなかったら

きっと惰性で大学に通い、
退屈な時間を過ごし、
貴重な若い時間を浪費し、
就職した後もダラダラ仕事して、
仕事が終わってから居酒屋で
愚痴をこぼす生産性のない人間になってたと思います。

 

友達とか知り合いに自分の生活を話すと
羨ましがれることが多いのですが
学校やめて就職せず、地に足ついた生活をしていくレベルの
収入を得る事は難しくありません。

 

僕だから出来たわけでもないです。
ビジネスをしっかりと体系的に学べば
誰でも月に数十万程度は余裕で稼げます。

 

就職して会社で頑張るより、自分でビジネス始めた方が
圧倒的に儲かるし楽しいです。自由度も違います。

 

学生時代にあれほど感じていた学歴コンプも友人との劣等感も感じなくなりました。

 

無駄なプライドも消滅し、
性格も素直に変わることができました。

それは自分の力で稼ぐことができるようになったことで
自信を持つことができたからでしょう。

 

昔の僕は

「どうせ俺は何やったってうまくいきやしないんだ」

と卑屈に卑屈を重ねたような
超ネガティブな性格でしたが、
ビジネスを通じて前向きな性格に変わり、
自信を得ることができました。

 

ビジネスに出会えて、
本当によかったなと思ってます。

 

改めて、僕がこの情報発信にかける想い

僕のブログでは、

  • お金がなさすぎて困ってる人
  • 学校や会社が退屈すぎて毎日がつまらない人
  • このままでは未来が見えない人

といった過去の僕と同じ状況の方に向けて、

こんな生き方もあるんだよ!
という新しいレールを提示しつつ
あなたの望んでることが、簡単に実現してしまうような、

『自由奔放に生きる人生を歩もう』

という想いがあります。

 

ちなみによく誤解されるのですが、

自由奔放とは、

金銭的にも時間的にも自由になり、
遊びたい時に遊んで、
仕事もやりたい時にやる状態

のことを指します。

決して、
ひたすら遊びまくって「うぇぇぇぇい!」
ってやることを提唱してるわけではありません。

 

昔の僕は、今の僕を知ってる人からは考えられないくらい頭悪い人間でした。

 

勉強は嫌いだったし、
学校の成績はいつもオール2だったし、
大学受験は偏差値40から一切上がらず、
ずっと迷走していました。

 

文章書くのだって苦手だったし、
なんなら国語の偏差値は30でした。

 

プライドも高いし、素直になれない。
自分に自信もないし、
性格も卑屈。

 

親が機械音痴なのをいいことに、
携帯の利用払いのシステムを利用して親の金を盗って、
iTunesに課金したりしたりもしてました。

 

そんなクズ野郎がここまで勉強して成長して行動してるんです。

 

今では自分でビジネスやってお金を稼ぐことができてます。

 

僕はもっと早くネットビジネスに始めればよかったと後悔してるし、
19歳の時に怪しいと思ったけど、
ネットビジネス始めてみて、
七転八倒の連続だったけど、
最終的には結果を出し、
世界が大きく変えることができました。

 

人ってマジでたった1つの小さなきっかけで変わるんですよね。

 

人生は一度きりです。
僕は死ぬ間際になって
後悔するような生き方をしたくないですし

 

おそらくこの文章を読んでるあなたも
同じ考えだと思います。

 

ビジネスをやったことないから不安もあるでしょうが、
僕も0からのスタートでした。

 

ですが、学んで学んで学びまくった結果、
お金も時間も手に入れられ、さらに勉強にお金と時間を割き、
さらにお金と時間を手に入れることができました。

 

結局ビジネスは、学べば簡単なんです。
日本の教育は不思議なことにビジネスを学ぶ機会が圧倒的に少ないんですよね。

 

学ばないからわからないだけで、
学べば誰でもわかるようになります。

 

学べば学ぶほど、
金銭的にも時間的にも自由になれる。
そして、また学べる。

 

福沢諭吉の学問のすすめびある通り、
「学びて富み、富て学ぶ」

 

を実現させ、人生はどんどん豊かになるでしょう。

ちょっとしたきっかけと知識と思考、
それらが組み合わさることで、
人生はどんどん彩りを持つかと思います。

 

なので、ゼロからはじめましょう。
僕と一緒に自由奔放に生きる人生を目指すのです。

 

そのために、僕は、メールマガジンを発行しているのですが、
メルマガでは、
より具体的な話をしております。

 

無料なので、
是非興味がある方は、
ご登録ください。

 

読者さんからは好評で、
メールマガジンでしか流さない話もよくしてますし、
メルマガ限定企画も流しますし、
ここまで読んでいただいた方は、
登録して損することはないと断言します。

下記から登録できます。

よっしー公式メールマガジンはこちらから

 

【追伸1】1浪Fラン大学生が起業して人生変わった話をした動画を撮りました

僕が起業してどれだけ人生変わったのかを赤裸々に告白させていただきました。

プロフ以上に深掘りして起業したときの話をしてるのでかなり面白いかと。

自信作ですのでよかったらご覧ください。

 

【追伸2】コンサルティングに関して

現在公式には募集してません。
ですが、熱い連絡をいただいた方には、審査後コンサルする場合があります。

値段とコンサル内容はその人の状況次第なので、

  • どうしても興味ある人、
  • 人生を変えたい人、
  • 自分の商品・サービスをインターネットを駆使して広めたい、
  • あるいは資産を作って成功したい、
  • もしくはコストを最小限に抑えながら売上を最大化させたい

 

などなど、色々な想いがある場合はぜひ頼ってくれればと思います。
僕とかなり距離が近くなりますし、

毎日質問ができます。

個別対応ができるので、
一緒にビジネスを作り上げたい。といった人向けのサービスですね。

ただ、おんぶに抱っこ的なものではなくて、
あくまで、ご自身の努力に加えて僕が存在するというだけの話です。

なので、コンサルを受けたからといって、
秒で稼げるとかそういった類ではありません。

ただ、近くにいる期間が長くなるので、
あなたの思考が稼げる思考寄りになるのは事実です。

個別のサポートを受けたい!そういった人向けだと思ってください。

メルマガの返信、にて連絡をください。
熱いメッセージをお待ちしてます。

では!

常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語ったメルマガを公開してます

僕は19歳の時に起業しました。

その結果月収50万達成し、
現在はさらなる高みを目指すために、自ら主体的に勉強しています。

 

稼げるようになってからは精神的にも余裕が生まれましたし、
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

 

しかし、元々僕はプライドが高く、コミュ障根暗陰キャでコンプレックスまみれ。
起業する人種とは到底思えないような人間でした。

 

下記の記事では僕が七転八倒の人生からどのようにして起業の世界に出会い、
月収50万を稼いだのかを公開してます。

 

よっしーの理念「自由奔放に生きる人生」

 

また、常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語った、よっしー公式メールマガジンを発行しています。

 
  • 学歴コンプだった僕がネットで収益を出した物語
  • 21歳の僕がいかにして収益を出したか?
  • 年収3億の起業家たちと絡んで知った学校では教えてくれない本当のお金持ちの世界とは?
   

などなど、
メルマガではブログや動画では語られない情報も公開してます。

 

なお、登録者限定で、
偏差値40コミュ障陰キャ、女の子と話すことすらビビってたよっしーが、
どのようにしてビジネスに出会い、自信を得て人生を変えたのか赤裸々に公開した電子書籍
をプレゼントしています。

 

こちら読者さんからはかなりご好評をいただいてます。

 

メールアドレスを入力すれば、
期間限定で無料でプレゼントを受け取れますので、
ぜひ以下から受け取ってみてください。

 

【メルマガ読者限定無料プレゼントを受け取りたい方は下記画像をクリック】

学んだ知識はアウトプットして自分の血肉にしていきましょう!↓