起業して仕組みを作ると人生イージーモード化したので僕が実体験を語ってみる

どうも、よっしーです。

 

僕はインターネット上に自動で売り上げが出る仕組みを作った事で、
21歳にして月収50万を達成することができました。

 

僕は仕組みを作ったことで収入が激増し、
人生が大きく変わったのですが、

 

今回この記事でどんだけ人生変わったかを語っていきたいなと。

 

一応最初に言っておくと、
僕に才能あったとか、特別な人間だったとかは一切ありません。

 

知識さえあれば、
それこそ中学生でも仕組みを作ることができます。

 

ではいきます。

 

朝起きたら5万円の商品が売れてる

まず、これが一番でかい変化です。
朝起きて、眠い目を擦りながら何気なくスマホの通知画面を見ると

 

「〇〇様が¥50000をお支払い致しました。」

 

と表示されているわけです。

 

 

なーんにもしてないのに、
次の日手元にお金がある状態。

 

まるで空からお金が降ってきたかのような感覚。

 

起業する前はこんなの夢にも思ってませんでしたよ。

 

僕が仕組みを作る前は、
バイトしてお金を稼いでいました。

 

本屋でバイトしてましたけど、
毎日汗水たらして、
大量の書籍が入った段ボールを持たされ、
手が真っ黒に汚れるし、

自分の時間が全くなくて、
ご飯、風呂、睡眠以外全部仕事で、
そのくせ収入は月10万程度。

 

仕事にやりがいも感じない、
俺はなんのために生きてるのかって感じで、

 

いつも時計を眺めながら、
「早く時間すぎねーかなー…」と常に頭をよぎらせるばかり。

 

つまんないしお金全然稼げないし。
てか重労働で疲れるしだるいし…

 

でも今は違いますよ。

 

仕組みがあるおかげでバイトする必要がなくなったし、
なんならバイト時代以上に稼げるようになってます。

 

同じ5万、10万でも、
収入を得る労力が圧倒的に減りました。

 

金銭の価値観がぶっ壊れました。

 

突然大金が転がってくるもんですから、
え、俺こんな大金もらっていいの!?
って最初は思いましたよ。

 

バイトだとせいぜい1日1万円稼ぐのが限界ですし。

なのにそれが1日5万ですよ。
しかも労働なしで。

 

普通に意味不明じゃないですか。

 

なんで仕事せずしてバイトよりお金が稼げるんかい!って。

 

種を明かすと、僕の代わりに仕組みが働いて、
お金を稼いでくれてるからバイト以上に稼ぐことができるのです。

 

僕が寝てる間にお客様が商品を購入されたことで、
僕の懐が潤うわけで、別に変なことではありません。

 

仕組みが生きてる限り、仮に僕が死んだとしても、
僕の銀行口座には永遠にお金が振り込まれるのです。

 

だから、ぶっちゃけ働く必要がなくなりました。
(ただ僕はもっと成長したいと思ってるので今も動いてます)

働く必要が無いので、

 

自分の時間が圧倒的に増えた

次にこれ、仕組みを作ったことで自分の時間が爆発的に増えました。

 

仮に1年の2/3、240日仕事で、1日8時間働いた時、
年間1920時間、仕事に時間を奪われるんですよ。

 

でも、その1920時間を
仕組みを作ったことで自分のものにすることができました。

 

時間ありすぎるので、
暇すぎて死にます。笑
まあ暇は嫌いなので積極的に動いてますが。

 

まあ時間が増えるので、
やれることの選択肢が広がるっていうのは
異次元なメリットだなーって思います。

 

お金もあるし、時間もあるので、

 

2泊3日の沖縄旅行にいくこともできるし、
現地の郷土料理に舌鼓を打つことができるし、
僕なんかはPCゲームが好きなので、
友人と週7でゲームをすることだってできます。

 

PCゲームに限らず、テニスが趣味だったり、
スノボが好きだったり、釣りが好きなら、
それら好きなことを年中没頭することができるのです。

 

ディズニーが好きなら毎日ディズニー行くこともできます。
バイク乗りが好きなら1日中バイクに乗ることもできます。

 

逆に、趣味がないなら、
趣味を探すための時間を確保することができます。

 

自分探しの旅、と称して全国、世界一周旅行に行くのも悪くないかもしれませんね。

 

もちろん、娯楽に限らず、
勉強だって好きなだけできますよ。

 

ちなみに、僕は読書が好きなので、
年に100冊以上の本を読んでます。

 

しかし、これはバイト時代には考えられないことでした。

 

金銭的に本が買えないのもそうですが、
仮に買えたところで読む時間がないので、
100%積読状態になります。笑

 

でも、今は自分の時間を確保することができる。
仕事に時間を縛られることがないので、
好きな時に好きなだけ本が読めます。

 

勉強した知識を使ってまたビジネスを作ってお金を稼いで、

 

労働に時間を費やすのではなく、
労働を仕組みに任せて自分は勉強し、
勉強したことを生かしてまた新たな仕組みを作り出す。

 

完全に正のスパイラルというか、
永久不滅のチート状態です。

 

しかも、お金も、時間も一切気にすることなくです。

 

あー仕組み作りの勉強して本当によかった。
時間があるって最強すぎる。

 

ここまでくるともはや僕の中で仕事とプライベートって境目がなくなってきてて、
プライベートの中でビジネスのこと考えたり勉強したりするの楽しくて楽しくて仕方ないです。

 

はい、次いきましょう。

 

体調が悪くても収入が途絶えることがなくなった

これも超絶でかいです。

一般的には、
風邪を引こうと出社しないといけませんよね。

 

一人人員が欠落したら仕事として回らなくなる。
だから休むわけにはいかない。

 

そんなぽんぽん休めない。
というか休んだら給料もらえなくなる。

 

でも、それで余計体調悪化したらすげーしんどくないですか?

 

僕も昔からよくお腹を壊したり、
風邪を引いたりして、
あまり身体が強い方ではありませんでした。

 

学生時代も皆勤賞は一度たりとも取ったことがないです。

だから皆勤賞取ってる人をみると、
単純にすげーなって思います。

 

というか僕は学校が嫌いで引きこもり体質だったので、
かーちゃん腹いたーいって言って仮病で休んでました。

 

ただ、バイトはお金が関わってくるので

どんなに頭が痛かろうと、
どんなに熱が出ようと、
どんなにお腹が痛かろうと、

 

気合で仕事してました。

 

うぉぉぇ…気持ち悪いけど仕事いかなきゃ…

 

ただでさえ体調が悪いのに、
無理して満員電車に押し込まれて、
仕事先に向かって、、、

 

会社員の方とかも同じだと思うんですよ。

 

どんなに体調しんどくても、
会社には絶対行くと思うんです。

 

でも、そんなの続けてたら必ずガタがきます。

 

余計体調が悪化して、
本当に動けなくなるかもしれません。

 

スンゲー当たり前ですが、
身体はお金よりも大事な資本です。

 

僕は仕組みがあるので、
仮に体調が悪くなっても収入が途絶えることがないし、
仕事をせず、療養に専念することができます。

 

病は気からなんて言葉がありますが、
仕事いかなきゃ………と精神的に追い詰められてたら余計悪化しますよ。

 

仕事のことを一切考えず、
肩の荷を下ろして療養に専念することができるのは、
本当に良いですね。

 

では次。

 

お金に対する漠然とした不安が消えた

僕は仕組みを作ったことで
金銭的困窮から簡単に脱出することができたわけですが、

 

手元にお金が増えたおかげで金銭的不安が全くなくなりました。

 

こういう言い方は成金っぽくてあまり好きではないですが、
事実なので言うと、
今までは財布を開くと1000円札が2、3枚しか入ってなかったのに、
今では1万円札が10枚以上入ってるのが当たり前になってて、
昔に比べてたくさん贅沢ができるようになりました。

 

実際、人間の悩みの99%ってお金で解決するじゃないですか。

 

今までだったら、例えばラーメン屋に行った時に

「今月厳しすぎて味玉のトッピングすらできねえ・・・」

と、100円多く支払うことすら、渋ってましたね。

 

他にも夏場で喉渇いた時、
160円の飲み物を売ってる自販機を目の前にして
近所のスーパーで84円で売ってるしそっちの方が得じゃん。
とか思ったりしてよく買うの渋ったり。。。

 

あとは、学生時代塾から帰る時、
154円の電車賃をケチるために1時間歩いたりもしてました。

 

おいおい、キミの1時間は154円の価値しかないのかい?
と今では突っ込みたくなります。笑

 

まあそんな感じで数十円とか100円とか、
その程度の単位で気にするって、
お小遣い1000円の中学生かって思うんですけど、
お金が絡むときはそのレベルで財布事情を気にしてしまうんですよ。

 

でも、お金が潤沢にあるなら
そんなこといちいち気にする必要ないじゃないですか。

 

自室がカードの明細書で埋め尽くされて、
支払いに追われることもありません。

 

ヤバイ今月の請求思ってたより高いやんけ。。。
どうしよバイト増やそうかな。。。

 

みたいな現象もなくなって、
胃がキリキリすることがないです。

 

買いたいと思ったらすぐ買える。
欲しいと思ったらすぐ手に入れられる。

 

半永久的に収入が入ってくるので、
銀行口座の残高を心配することがなくなったから、
気にせずお金を使えるようになったし、

 

今の僕は美味いご飯食べ放題だし、
電車どころかタクシーも乗り放題です。

 

だから変にやせ我慢することもなくなりました。

 

やっぱり、安定的に収入が入ってくる仕組みがあるだけで、
金銭的不安要素を消すことができます。

 

将来、老後の心配もしなくていいし、
お金がなくなって生きていけるか不安になることもありません。

 

お金は持ってて損になることはないです。

 

僕は学生時代から将来何の職につくか不安だったし、
安定して給料がもらえるか心配でした。

 

ニュースを見ると、

大手の〇〇会社が〇〇人リストラ〜
終身雇用制度は終わりだ〜
老後2000万円必要で〜

みたいなネガティブなニュースばかりで、
社会人になってから自分はどうなってしまうのか、
先の見えない不安に恐怖してました。

 

でも、今は自分で仕組みを作って、
そこから収益を上げてるので、
コロナで経済が停滞してる今でもそれほど困ることはありません。

 

冷静に考えて、僕は98年生まれなので
本来ならコロナで打撃を受けてる今が就活期なのですが、

 

もし普通に就職路線を歩んでいたら、
きっといまだに金銭的不安を抱えながら生きていたはずです。

 

だから、僕は起業して仕組み作りに力を入れて良かったなって思ってるし、
僕は今後も仕組みをひたすらに作り続けていきます。

 

結局仕組みなんだよなぁ

ここまで仕組みでどれだけ人生が変わったか語ってきましたけど、
結局仕組み作りが一番安定的に稼げます。

 

自動で売れる仕組みを作るってむずそうなイメージがありますが、
さほど難しいことはしてなくて、
冒頭でも述べたとおり中学生でも仕組みを作ることができます。

 

そういう意味で、
僕は誰でも再現性のあることだと思ってるし、
逆に仕組み学ばずしてビジネスをやるのは間違いなく命取りになるでしょう。

 

だからこそ、僕はいろんなコンテンツで仕組み仕組み仕組みと口煩く発信してます。

 

アフィリエイトやろうが情報発信をやろうがせどりをやろうが、
それらを仕組み化できれば不労所得を得ることはできますよ。

 

ということで、
仕組みに関してはメルマガの方で詳しく喋ってるので、
興味あったら見てくださいな。

 

ではでは〜。

常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語ったメルマガを公開してます

僕は19歳の時に起業しました。

その結果月収50万達成し、
現在はさらなる高みを目指すために、自ら主体的に勉強しています。

 

稼げるようになってからは精神的にも余裕が生まれましたし、
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

 

しかし、元々僕はプライドが高く、コミュ障根暗陰キャでコンプレックスまみれ。
起業する人種とは到底思えないような人間でした。

 

下記の記事では僕が七転八倒の人生からどのようにして起業の世界に出会い、
月収50万を稼いだのかを公開してます。

 

よっしーの理念「自由奔放に生きる人生」

 

また、常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語った、よっしー公式メールマガジンを発行しています。

 
  • 学歴コンプだった僕がネットで収益を出した物語
  • 21歳の僕がいかにして収益を出したか?
  • 年収3億の起業家たちと絡んで知った学校では教えてくれない本当のお金持ちの世界とは?
   

などなど、
メルマガではブログや動画では語られない情報も公開してます。

 

なお、登録者限定で、
偏差値40コミュ障陰キャ、女の子と話すことすらビビってたよっしーが、
どのようにしてビジネスに出会い、自信を得て人生を変えたのか赤裸々に公開した電子書籍
をプレゼントしています。

 

こちら読者さんからはかなりご好評をいただいてます。

 

メールアドレスを入力すれば、
期間限定で無料でプレゼントを受け取れますので、
ぜひ以下から受け取ってみてください。

 

【メルマガ読者限定無料プレゼントを受け取りたい方は下記画像をクリック】

学んだ知識はアウトプットして自分の血肉にしていきましょう!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です