物販で稼いでた母が左足大腿骨を骨折して思ったこと。やっぱ仕組みは最強だ。

どうも、よっしーです。

 

僕の母はメルカリなどでせどりをやってて、
月数万ほど稼いでいて、

 

商品の仕入れ、出品、発送、お客様対応まで全て自分で作業しており、
朝早くから深夜までずっと仕事をしていました。

 

ずっと仕事続きで休みがないので、
精神的にも肉体的にも疲弊してました。

「こう毎日毎日、毎月の支払いのために商品を仕入れて出品して発送して、変なお客さんの対応もして、もうめんどくさいわ。なんで私がこんなことしないといけないの?」

と愚痴を良くこぼしてて、
きっとすごくしんどかったんだと思います。

 

そんな中、タイトルにもありますが、
先日僕の母が左足大腿骨を骨折して動けなくなってしまいました。

 

商品を発送するために、
大量の荷物を抱えて郵便局に向かう途中、
段差につまずいて転んだみたいなんです。

 

次の日病院で医師に診断を受けて、
足にボルトを入れる手術をすることになり、1ヶ月以上入院する羽目に。

 

お医者さんによると、大腿骨を骨折するのってかなり危険で、
普通に命に関わる怪我らしいです。

 

太ももなので血が大量に流れてて、
その部分を折ることにより血流が悪くなり、

 

脚が壊死するからです。

 

そんな危険な状況になってしまえば、
物販どころの話ではありません。

 

自分の体が動けなくなったせいで、
脚が動かせない間は仕事ができなくなり、
収入がストップしました。

 

で、そこから思ったことが1つあります。

 

それは、やっぱ仕組みって本当に最強だなってことです。

 

他の記事でも書いてることではありますが、
自分のビジネスを仕組み化すれば、
自分が働かずとも収入を得ることができる、
いわゆる不労所得を得れるようになります。

 

僕は仕組みの概念を学んで、実際に仕組みを作って月収50万を21歳にして達成しました。
ぶっちゃけ同年代の中ではかなり稼いでいる方だと思います。

 

今の僕は旅行行こうが温泉入ろうがゲームしようが、
はたまた病気や怪我で動けない身体になろうが、

何があっても収入がストップすることはありません。

 

先日も1日の労働時間0秒で5万稼ぎました。

 

勝手にお金が入ってくるようになって、
たびたび仕組みの真の強さを実感します。

 

文字通り、本当に働かずともお金入ってくるんで。

 

人に会わなくてもお金入ってくるし、
家から一歩も出ずにお金を稼ぐことができます。

 

これは僕の意見なんですけど、
本当にお金持ちになりたいのであれば、
労働者から脱却しないといけないと思ってます。

 

なぜなら、労働者は自分の時間というリソースを使ってお金を稼いでいるからです。

 

例えば、バイトは時給換算でお金を得ることができますが、
時給1000円のバイトだったら丸1日働いたとしても2万4000円しかもらえません。

 

同じく人を雇わず自分で物販やるのも、
自分の時間を切り売りしてお金を稼いでるので、どうしても収入に限界があります。

 

ぶっちゃけ、
働きづめになるのってすごく大変じゃないですか。

自分の時間を切り売りして、
生きるためにお金を稼ぐって。

 

毎日毎日仕事で缶詰になっちゃうのって
肉体的にも精神的にも疲れると思うんですよ。

 

僕は高校時代、時給950円の飲食店バイトをしていましたが、
上司から理不尽に「馬鹿野郎」と怒鳴られたり、
重たい荷物を運ばされて腕や脚、腰を痛めたり、そりゃもう仕事辞めたくて仕方なかったです。

 

僕の母も同じです。

 

 

僕の母の場合は稼いでる金額がお小遣いレベルだったので、
死活問題にはなりませんが、

 

もし物販で独立していたとしたら、
ぶっちゃけ人生積みゲーです。

 

だからこそ、自分が骨折しようが車椅子生活になろうが、
最低限お金に困らない状態を維持するためにも、
お金のための労働から抜け出し、絶対仕組みは作るべきだと思います。

 

僕は仕組みを作ったことで1人に売ろうが100人に売ろうが同じ労力でビジネスをすることができます。
まあぶっちゃけ楽です。

 

よく、働かずしてお金を稼ぐのは悪いみたいなことを言ってる人がいますが、
別に自分が必ずしも働く必要はありません。

 

自分の代わりに仕組みが働いてくれるのであれば、
それは悪いことではないし、
むしろお客さんに価値を届けているのであれば素晴らしいことだと思います。

 

というか、本当にお金持ちになるためには自分で働いてはいけません。

出品、包装、発送、仕入れなどなど、
全ての工程を自分で作業してお金を稼いでると、
自分が動けなくなった瞬間収入がストップしてしまいます。

 

物販に限らず会社員も同じで、
平日は毎日出社しないといけないですよね。

 

逆に言えば、
会社に行かないとお金はもらえないわけで、
自分の労働を切り売りしてるということ。

 

動けない体になったら出社できないですし、
やっぱり体は資本です。

 

とはいえ働かずともお金を稼ぐためには勉強が必要です。

 

僕は今もそうですが、
起業初期は死に物狂いで勉強して行動してました。

 

知識をとにかく買いまくって、
脳みそこねこねして、
一般的なサラリーマンくらいは稼げるようになったし、
何より時間が増えたから週7で友達とPCゲームもできるし、
六本木で月収300万くらい稼いでる起業家と高級レストランにも行ったし、
僕が持ってる知識を使ってオンラインのセミナー開いたし、
先日は幕張の天然温泉施設に行って東京湾見ながら身体を芯から温めてきたし、
頭や肩が痛いなって思ったらスパ行って整体師にマッサージしてもらえたし、

 

とまあその他もろもろ。

 

こんな自由気ままな生活ができるのは、
他でもなく知識に投資して、仕組みを作り上げたからです。

 

できることが圧倒的に増えたし、
人生の選択肢が無限大に広がりました。

 

僕は仕組みを作ったことで、
外出する機会が減ったので、
コロナに感染するリスクが減ったし、
ここ数年は満員電車にも乗らなくなりました。

 

僕は仕組みを学んだことで人生が変わったし、
自由になりたいとか、今の仕事を辞めたいとか、
金銭的にも時間的にも自立したいのであれば、
その手段として必ず仕組みを学ぶのを推奨します。

 

不労所得って怪しいと思われがちですが、
蓋を開ければ全然怪しくないし、
勉強すればどなたでも作り上げることができます。

 

だからまずは仕組みについて勉強しましょう。
仕組みについて学びたい方は僕のメルマガで語ってるので、ぜひ。

ということで、以上です。

常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語ったメルマガを公開してます

僕は19歳の時に起業しました。

その結果月収50万達成し、
現在はさらなる高みを目指すために、自ら主体的に勉強しています。

 

稼げるようになってからは精神的にも余裕が生まれましたし、
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

 

しかし、元々僕はプライドが高く、コミュ障根暗陰キャでコンプレックスまみれ。
起業する人種とは到底思えないような人間でした。

 

下記の記事では僕が七転八倒の人生からどのようにして起業の世界に出会い、
月収50万を稼いだのかを公開してます。

 

よっしーの理念「自由奔放に生きる人生」

 

また、常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語った、よっしー公式メールマガジンを発行しています。

 
  • 学歴コンプだった僕がネットで収益を出した物語
  • 21歳の僕がいかにして収益を出したか?
  • 年収3億の起業家たちと絡んで知った学校では教えてくれない本当のお金持ちの世界とは?
   

などなど、
メルマガではブログや動画では語られない情報も公開してます。

 

なお、登録者限定で、
偏差値40コミュ障陰キャ、女の子と話すことすらビビってたよっしーが、
どのようにしてビジネスに出会い、自信を得て人生を変えたのか赤裸々に公開した電子書籍
をプレゼントしています。

 

こちら読者さんからはかなりご好評をいただいてます。

 

メールアドレスを入力すれば、
期間限定で無料でプレゼントを受け取れますので、
ぜひ以下から受け取ってみてください。

 

【メルマガ読者限定無料プレゼントを受け取りたい方は下記画像をクリック】

学んだ知識はアウトプットして自分の血肉にしていきましょう!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です