もし僕が小学生に戻って母にモンハン買ってとおねだりするとしたら?

どうも、よっしーです。

僕は小学生時代PSPを持ってませんでした。
父母が「ゲームはいらない。持ちすぎ。それより勉強しろ」の一点張りだったからです。

僕の家庭では昔からゲームをやたらと毛嫌いしていて、ゲームする時間がちょっと長いとすぐブチギレます。

普通に破壊することもありました。

DSを真っ二つにおられたこともあったし、

僕に向けてwiiをぶん投げてきたこともありました。

ちなみに当時はpspのモンハンが超絶流行ってました。
一家に一台モンハンって感じです。

でも僕はモンハン持ってません。というかPSPすら持ってません。
だから一緒に遊んでも通信プレイ出来なんですよ。

仲間外れというか、すげー疎外感を感じてました。

と同時にモンハン持ってる友達が羨ましかったです。

そんな環境下でもし僕が超超ゲーム嫌いの親にPSPとモンハンをねだるとしたら、、、?という思いつき的な感じで描いていきます。

 

=====当時のよっしー=====

俺はモンハンがやりたかった。友達がみんなやってるからだ。

持ってない人はいない。

それくらい超流行ってた。

通信プレイでみんなと敵を協力して倒してるの超楽しそう。

画質もDSより綺麗だし、ゲーム機自体もなんか大人っぽくてかっこいい。

しかし生憎僕はPSPを持ってない。

欲しい。欲しすぎる。
俺は母に買ってくれと頼んだ。

そしたら「あんたDS持ってるでしょ?これ以上買う必要ないよ」
と言ってきた。

確かにそうだ。
DSでもゲームはできる。

しかし俺は母に言った。

「PSPじゃなきゃだめなんだよ
モンハンがやりたいんだよ!」

結局買ってくれることはなかった。

================

 

これは僕の実体験を書いてます。

まーだいたい結果は「買ってくれない」
になりますよね。

しかし、今の僕はプロのマーケターであり人を動かすプロです。
これでお金が稼げてます。

ビジネス全然わかりませんって人にコンサルして実力磨いてもらってお金稼いでもらったりしてます。

そんな今の僕がもし小学生に戻って母にモンハン買ってとおねだりするとしたら?

 

=====以下今のよっしーver=====

俺はモンハンがやりたかった。友達がみんなやってるからだ。
持ってない人はいない。それくらい超流行ってた。通信プレイでみんなと敵を協力して倒してるの超楽しそう。画質もDSより綺麗だし、ゲーム機自体もなんか大人っぽくてかっこいい。

しかし生憎僕はPSPを持ってない。

欲しい。欲しすぎる。
俺は母に買ってくれと頼んだ。

そしたら「あんたDS持ってるでしょ?これ以上買う必要ないよ」
と言ってきた。

確かにそうだ。
DSでもゲームはできる。

しかし俺は母に言った。

「PSPじゃなきゃだめなんだよ
モンハンがやりたいんだよ!」

こんなことを言っても母は動かなかった。

だから違うアプローチをしてみた。

これ学校の男子で持ってない人はいないくらい流行っていて、
俺だけ持ってないんだ。

馬鹿にされるし一緒に遊ぶ時も決まってモンハンだから俺やることなくなるんだよ。
DS持ってきても誰も遊ぶ気ないし。
だからいつも友達のPSP借りて遊んでもらってるけど、
借りる時すごく恥ずかしいし、
借りれなかったら本当にすることないから仲間外れになっちゃうの。

小学生ってこういうことでトラブルになって喧嘩したりするんだ。
でもモンハンきっかけで友達が増やせるんだよね。
だってみんな持ってるから、共通点増えるし。

モンハンの仲間が増えたら、毎日超楽しくなるんだよ。
逆にないと馬鹿にもされるし、仲間外れになるし、喧嘩にもなる。

勉強頑張るし、家の手伝いもちゃんとするから、
PSPとモンハン買ってくれないかな。

そしたら母はしょうがないわねと言って次の日ヤマダ電機で買ってくれた。

いくらスペックを喋っても動かなかったのに、
アプローチを変えたら買ってくれた。

俺はモンハンを手にすることができた。

====================

 

これはフィクションですが、比較してみてください。
どうでしょう?

少なくとも、後者の方が買ってあげようかな?って思ってくれそうじゃないですか?

僕は知識を得ているので、同じ素材でも伝え方が断然変わってくるのです。

ちょっと解説すると、
人は論理で語っても動いてくれません。
感情で行動します。

そして後者は感情に訴えかけています。

人を動かすのであれば、
目の前の人間の心理をいかに理解するかが重要なのです。

ビジネスにおいて「人の心理を理解する」というのは最重要になってきます。
なぜなら、人の心がわからないとものは売れないからです。

というか、もの売る売らない以前に、
人間関係を作っていく上でも人の心理が理解できると圧倒的にコスパがいいです。

だって恋愛でも使えますからね。

可愛い女の子だって抱けます。

だから大事なのは古今東西普遍的なスキル、
つまり原理原則を学ぶということ。

この例ってブログでアフィリエイトしようがTwitterで集客しようがメルマガでモノを売ろうがいつ何時どんな媒体でも通用しますからね。

だから〇〇で稼ぐ方法!みたいな原理原則から外れたことばかり学んでると確実に死にます。

僕は原理原則を学んだのでビジネスがすげー楽です。
原理原則マジ大事。本当に学んでよかったと痛感してます。

とま、そんな感じで思いつきで書いてみました。

 

追伸
てか書いてて思ったんですけどモンハンって確か15歳以上対象でしたよね。
小学生が堂々とやっていいものなのか、、、笑

常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語ったメルマガを公開してます

僕は19歳の時に起業しました。

その結果月収50万達成し、
現在はさらなる高みを目指すために、自ら主体的に勉強しています。

 

稼げるようになってからは精神的にも余裕が生まれましたし、
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

 

しかし、元々僕はプライドが高く、コミュ障根暗陰キャでコンプレックスまみれ。
起業する人種とは到底思えないような人間でした。

 

下記の記事では僕が七転八倒の人生からどのようにして起業の世界に出会い、
月収50万を稼いだのかを公開してます。

 

よっしーの理念「自由奔放に生きる人生」

 

また、常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語った、よっしー公式メールマガジンを発行しています。

 
  • 学歴コンプだった僕がネットで収益を出した物語
  • 21歳の僕がいかにして収益を出したか?
  • 年収3億の起業家たちと絡んで知った学校では教えてくれない本当のお金持ちの世界とは?
   

などなど、
メルマガではブログや動画では語られない情報も公開してます。

 

なお、登録者限定で、
偏差値40コミュ障陰キャ、女の子と話すことすらビビってたよっしーが、
どのようにしてビジネスに出会い、自信を得て人生を変えたのか赤裸々に公開した電子書籍
をプレゼントしています。

 

こちら読者さんからはかなりご好評をいただいてます。

 

メールアドレスを入力すれば、
期間限定で無料でプレゼントを受け取れますので、
ぜひ以下から受け取ってみてください。

 

【メルマガ読者限定無料プレゼントを受け取りたい方は下記画像をクリック】

学んだ知識はアウトプットして自分の血肉にしていきましょう!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です