大学のテストマジで意味ある?

こんにちは、よっしーです。本日は大学のテスト意味ある?って話をしていきたいと思います。

 

僕は大学辞めて起業してますが、

大学通ってた時は期末テストたるものがありました。

大学にもよりますが僕の大学はFラン大学というのもあり、
勉強してない学生がたくさんいるので、テスト前日にがっつりやるって人が多いです。

僕もそのうちの一人でした。

僕の場合は、大学の勉強は疎かにしてた代わりに、
ビジネスで結果を出すために、
マーケティングや仕組みなどのビジネスの原理原則をめちゃ勉強してました。

しかし僕の周りの人間は何やってるかというと、大抵遊んでます。笑

いやいや勉強しろやwって言いたいとこですが、
今回はそれについて追求したいわけではありません。

 

テスト勉強、意味ある?
って話です。

 

大学のテストってなんのためにやってるかというと、
単位を取ってもらうためにやらせています。

 

単位、つまりテストで点数取れればなんの問題もないわけです(科目にもよりますが)。

正直なところ、ただの暗記ゲーです。

 

受験科目の背景知識や原理原則のへったくれもありません。
前日にいかに覚えているかで単位取得の可否が決まります。

 

つまり、

前日の勉強=大学生の学力

 

これおかしくないですか?

 

だってですよ、前日の勉強だけでは勉強した内容を忘れますよね。
仮にテスト中に思い出せても長期的に見て忘れてしまえば

 

何も知識が残ってないけど単位は取ってある中身のない大学生

 

ということになってしまいます。

大卒を取るためには単位を取得してるか否かで決まります。

知識がないのに大卒を取って、
堂々と社会に出る。

要するに、なーんも知識がない人が今後の日本を支えていくことになるのです。

これ、おかしくないですか?

もちろん、全ての大学生が勉強を疎かにしてることはないですし、
勤勉な学生がいることは百も承知です。

しかし、僕が通ってたFランク大学のように遊び呆けてる学生が大量にいるのも事実。

これじゃ大学のテストの存在意義がないと思うんですよね。

単位さえ取れればそれでいいのか?

僕は違うと思います。

大事なのは、その人の頭に知識が習得されて社会で活用していけるかどうか。

 

というかそもそも大学で勉強する内容もマジで意味ないことばかりです。

 

僕は経済学部所属なんですが、当然経済の勉強をします。

だけど勉強してるのは

「GDPは国内総生産のことであり求める公式は…」

いやいや大事なところもっと他にあるだろ!ってツッコミを入れたいです。

 

僕は起業して、いわゆる経済活動というものをしているんですけど、
大学で習った経済の知識はほぼ使っていません。

 

そんな枝葉の部分を学ぶんじゃなくて、
もっと僕たちの身近なところから原理原則的な部分を学ばないと大学生の学習意欲だって下がりますし、
何をやってるのか、なんのために勉強してるのかわからなくなります。

まじで意味ありません。

 

結局今の大学生に必要なものは単位です。

単位さえくれればなんでもいい。

大抵の大学生はいい会社に就職したくて大学生に入ってます。
(もちろん一部の方は違うと思います。)
大学で研究、勉強がしたくて入学するというのは本当に素晴らしいことです。

 

就職するには単位が必要。
故にみんな単位単位単位となっています。

 

ちなみに僕の大学には、
ERE(経済学検定試験)という謎の資格試験でBグレード以上取らないと3年に上がれないシステムがありました。

 

正直言います。
全くもって使い物にならない知識です。

経済の難解な公式を学んで問題を解くのではなく、
ビジネスとはなんぞやとか、経済とはなんぞや、お金とはなんぞや、といった原理原則を学んでいくべきだと僕は思うし、生きていく上で、お金を稼いでいく上でそれマジいらないんすよ。

 

あ、ちなみにその試験なんですけど、大学内で検定対策講座ってのがあってですね、
2週連続平日全て6.7限を使ってやったのですが、マジでwaste of timeでした。

 

僕が馬鹿なのか先生の説明が難しかったのかはわかりませんが本当に時間の浪費でした。
バイトしてた方がマシです。(ちなみに1万2千円の受講料が掛かります。クソです。)

 

話が脱線しましたが、結局単位が全てなんですよね。

 

単位しか考えてない人間が会社に就職しようとします。
じゃあ単位取った人は頭いいのかと言われたらそんなことありません。

 

前日に詰め込んだだけでテストが終わると
詰め込んだ知識は忘却されて普通のにーちゃんねーちゃんになります。

 

冷静に考えて恐ろしくないですか?
知識がなくても単位という素晴らしい神器で会社に入れる。

 

一体なんのための大学なんでしょう。

だから僕は大学を中退することにしました。

就職するより起業した方がお金も稼げるし、有意義に暮らせるからです。

でも世間では、起業より就職を推されますよね。

 

ここら辺は日本の常識が影響しています。

「就職してない人間が成功するわけがない」
「起業のリスクをわかってない」
「雇われを経験してない人が起業できるわけがない」

 

いやーしょっぱいっすねwwww

 

確かに飲食店のように実際にお店構えて起業するのは超リスクあります。何百万と資本が必要です。

 

しかしインターネットビジネスに関しては全くもってリスクがありません。

極端な話、ドメイン代サーバー代さえあれば経営が成り立ちます。
すごくないですか?資本が数万で回せるって。

もちろん勉強するためには勉強代が掛かりますが、
勉強したことは資産になります。
永遠に使えるんです。
そう考えたら超安くないですか?

人雇うにしても1ヶ月1万円とかで雇えます。安すぎますよね。
でもそれができる世界があるんです。

 

僕はそういう世界に行くことを推奨しますし
僕もそういう世界に行きたくて勉強してます。

 

勉強すれば視野が広くなって物事を多角的に見ることができるようになって人生そのものの質が向上します。
しかも単純に面白い人間にもなります。

 

僕が今勉強してる理由はここにあります。

やっぱ人生豊かにしたいですし面白い人になりたいです。

 

やっぱ人生楽しんだ者勝ちですから、
常識に囚われず、後悔しない生き方をしていきたいですね。

 

ということで、

大学のテスト無駄じゃね?って思ったので、いろいろ書きました。

終わり。

常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語ったメルマガを公開してます

僕は19歳の時に起業しました。

その結果月収50万達成し、
現在はさらなる高みを目指すために、自ら主体的に勉強しています。

 

稼げるようになってからは精神的にも余裕が生まれましたし、
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

 

しかし、元々僕はプライドが高く、コミュ障根暗陰キャでコンプレックスまみれ。
起業する人種とは到底思えないような人間でした。

 

下記の記事では僕が七転八倒の人生からどのようにして起業の世界に出会い、
月収50万を稼いだのかを公開してます。

 

よっしーの理念「自由奔放に生きる人生」

 

また、常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語った、よっしー公式メールマガジンを発行しています。

 
  • 学歴コンプだった僕がネットで収益を出した物語
  • 21歳の僕がいかにして収益を出したか?
  • 年収3億の起業家たちと絡んで知った学校では教えてくれない本当のお金持ちの世界とは?
   

などなど、
メルマガではブログや動画では語られない情報も公開してます。

 

なお、登録者限定で、
偏差値40コミュ障陰キャ、女の子と話すことすらビビってたよっしーが、
どのようにしてビジネスに出会い、自信を得て人生を変えたのか赤裸々に公開した電子書籍
をプレゼントしています。

 

こちら読者さんからはかなりご好評をいただいてます。

 

メールアドレスを入力すれば、
期間限定で無料でプレゼントを受け取れますので、
ぜひ以下から受け取ってみてください。

 

【メルマガ読者限定無料プレゼントを受け取りたい方は下記画像をクリック】

学んだ知識はアウトプットして自分の血肉にしていきましょう!↓