大学受験すらまともに乗り越えられない奴は社会でも使えない←んなわけねーじゃん

どうも、よっしーです。

タイトルの通りなんですが、

僕は学生時代、

親に「大学受験すらまともに乗り越えられない奴は社会でも使えない」

と教えられてきて、つい数年前まで

それが不変の心理だと思ってました。

というか、大学受験に限った話ではなく、

親は学校の勉強ができない僕に対していつも、

「お前はそんな勉強できないようじゃ一生苦労するね」

とかなんとか言われてましたので、

自分のセルフイメージは最悪だったし、

勉強できない自分が大嫌いで、

でも勉強ができるようになる解決策も見出せず、

八方塞がりの状況が何年も続いてました。

 

実際大学受験って高校生、浪人生にとってはめちゃめちゃビックイベントで、

それなりに苦労をするじゃないですか。

 

だから受験という関門を突破することができないと、

社会でもっと厳しい状況になった時、本当により一層苦労を強いられると思ってました。

 

で、僕は今起業して2年以上経ちますけど、

冷静に考えて、ぶっちゃけこの思想やべーなって思ってます。

 

なぜなら今の時代は

お金を稼ぐ一点において学歴あるかないかはそこまで関係ないからです。

今はインターネットがこれだけ発達して、

自分で起業して収入を得ることができます。

なのになぜ大学受験で失敗する人は社会じゃ使えない人間になるんでしょう?

極端すぎるというか、因果関係無くないですか?

 

お金とは価値の交換券であって、

お金をいただいてるってことはそれだけ世の中に価値提供して貢献してるってことなんですよね。

つまり価値提供ができてるのであれば学歴は関係ないってことです。

僕はFランク大学を中退してますけど、

ネットで起業をしたので普通にお金が稼げてます。

もちろん、価値提供してるからこそ、お金を得ることができてます。

実際僕の元には

「よっしーさんの文章に感動しました」

「よっしーさんのおかげで人生変わりました」

「もっと新しいことに挑戦してみます」

と、たくさんのお客さんからの感謝の声が届くようになりました。

僕のような、学歴皆無の男でも、です。

 

だから、受験勉強乗り越えられない人が役に立たないなんてのはちゃんちゃらおかしな話で、

なんの論理的根拠もないデタラメなんですよね。

 

よくいるじゃないですか。

自分の身の回りや、ネット上の掲示板に、

低学歴は受験すら乗り越えられない甘ったれ

この程度で逃げ出したら、一生成功なんてできやしない

受験勉強すらできない奴は要領悪い

とか言っちゃう学歴ファースト人間。

 

はっきり言って意味不明というか、

何を根拠にそんなことが言えるんですか?って言いたくなります。

 

大抵こういうこと言っちゃう人を問い詰めると、

支離滅裂とした根拠だったり、

そもそも感情論でしかなかったり、

説得力のかけらもないんですよね。

 

別に大学受験で失敗したなら僕のように別の道に進んでいけばいいだけだし、

なんならまた浪人して受験に挑戦すればいいじゃないですか。

大学受験は歳取ったら受けれなくなるみたいな謎の制限もないので、

そこでまた受けて合格する可能性だってゼロじゃありません。

甘っちょろい、要領悪いのはその人のせいではなく、

その人を教えてきた指導者がまともな勉強方法を教えてないからに過ぎません。

 

僕が大学受験で成績が上がらなかったのは、

確かに自分のマインドの低さというのもありますし、

勉強の仕方を知らない、自分から調べようとしない、先生依存になってた僕にも非はあります。

しかしそれを言ってやらキリがないというか、

マインドを叩き直すだったり脳科学に沿った正しい勉強法を教えることも指導者としての務めであると、僕は思うんです。

学問の知識を教えることだけが先生の役目じゃないんですよ。

僕は起業する際、

マインドを叩き直して、正しい勉強法を教えてくれた師がいたからこそ、

人として成長することができたし、知識も身につきました。

ちなみに、人間の脳味噌の要領ってそんな変わらないので、

人によって勉強できるできないの差ってあんまりありません。

効率よく勉強する方法を知っていて、それをいかに実践することができたか?

ここが全てなんですよね。

 

にもかかわらず、社会でも使えないだの甘っちょろいだの要領悪いだの、

フザケンナマジデ。って感じです。

 

僕はこういう人の可能性を真っ向から否定する輩がクッソ大嫌いで、

もはや害でしかないですよ。

だから、もしこの記事を読んでて、自分の身の回りに、

そういう受験乗り越えられない奴はへたれだーとか言ってる人がいるのであれば

可能な限りその人から離れることをお勧めします。

 

人はネガティブワードに触れてしまう環境にいると

自分なんかどうせダメだと考えるようになり、

心のどこかで自分の可能性を信じきることができず、

自己肯定感が低くなるからです。

これは親が子供に接する時も同様で、

「お前はダメな奴だ」

「お前じゃ一生無理だよ」

と言われて育った子供は、

昔の僕のように、自分がどんどん大嫌いになっていき、

引きこもりになってしまう可能性が上がるので注意が必要です。

 

逆に

「お前ならできる」

とポジティブな言葉をかけられて育つと、

不思議と自己肯定感が上がり、

もっと新たなことに挑戦していきたい!って思えるようになります。

当然、挑戦する回数が多ければ、

何かの分野で成功するかもしれません。

多少の失敗でも、大したことねーなと気持ちを切り替えて、何度でも何度でも挑み続けるからです。

自分が成功できると信じて疑いません。

 

よく、大学受験失敗したら人生終わりとか、

大学受験は戦争だとか言ってるおバカちゃんがいますが、

んなもの知るかって話で、

 

所詮タスク処理能力を問われるだけの競争で負けたからって、

人生転落することないですから。

 

受験成功≠人生の成功

 

関係ないんですよ。この2つは。

もちろん、学歴はあったほうが良いかもしれません。

医者や弁護士といった権威ある人間になりたいのであれば、学歴は必至です。

 

でも、ないと死ぬか?

人生オワコンになるか?

そんなことないでしょ?って話です。

 

さっきも言いましたが、

受験で失敗したなら別の分野で挑戦してみれば良いと思うんですよね。

それも手段の1つなんです。

 

勉強の才能がないなら才能を磨けば良いし、

勉強の才能がなくても自分で事業を立ち上げて、お金が稼げるようになるかもしれません。

 

電球を開発したことで有名な有名なトーマスエジソンだって、最終学歴は小卒です。

 

現時点ではダメダメだったとしても、

めちゃくちゃ勉強して努力すれば、大成功するかもしれません。

僕だって、学生時代は超ダメダメだったわけですが

学歴を得ることを捨てて、ビジネスに全神経を注いで、

お客さんを楽しませたり喜んでもらったりして、それなりの金額を稼ぐこともできました。

ちなみに今はもっとすごい経営者から学びを得たいと思ってるので、

情報に投資して浪人時代以上に勉強をしています。

 

学歴を得るだけじゃないんですよ。

幸せになる手段は。

学歴を得て成功を収めたいなら全力で戦えば良い。

学歴以外の道で成功を収めたいなら堂々と学歴を捨てれば良い。

 

無理に何か1つに固執する理由はありません。

生き方、働き方、成功の仕方は十人十色。

 

自分が活躍できる場所は自分で選んでいきましょう。

 

 

常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語ったメルマガを公開してます

僕は19歳の時に起業しました。

その結果月収50万達成し、
現在はさらなる高みを目指すために、自ら主体的に勉強しています。

 

稼げるようになってからは精神的にも余裕が生まれましたし、
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

 

しかし、元々僕はプライドが高く、コミュ障根暗陰キャでコンプレックスまみれ。
起業する人種とは到底思えないような人間でした。

 

下記の記事では僕が七転八倒の人生からどのようにして起業の世界に出会い、
月収50万を稼いだのかを公開してます。

 

よっしーの理念「自由奔放に生きる人生」

 

また、常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語った、よっしー公式メールマガジンを発行しています。

 
  • 学歴コンプだった僕がネットで収益を出した物語
  • 21歳の僕がいかにして収益を出したか?
  • 年収3億の起業家たちと絡んで知った学校では教えてくれない本当のお金持ちの世界とは?
   

などなど、
メルマガではブログや動画では語られない情報も公開してます。

 

なお、登録者限定で、
偏差値40コミュ障陰キャ、女の子と話すことすらビビってたよっしーが、
どのようにしてビジネスに出会い、自信を得て人生を変えたのか赤裸々に公開した電子書籍
をプレゼントしています。

 

こちら読者さんからはかなりご好評をいただいてます。

 

メールアドレスを入力すれば、
期間限定で無料でプレゼントを受け取れますので、
ぜひ以下から受け取ってみてください。

 

【メルマガ読者限定無料プレゼントを受け取りたい方は下記画像をクリック】

学んだ知識はアウトプットして自分の血肉にしていきましょう!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です