結果が出ず不安な人必見。他人と比較して不安になるのは当たり前。

どうも、よっしーです。

ビジネスをしていく際、比較することはすげー重要です。

比較せずしてビジネスが上手くいくことはないと言っても過言ではありません。

 

  • 自分の目標月収と現段階の月収との比較。
  • 先月と今月のブログのアクセス比較。
  • ブログ書くのにかかった時間の比較。
  • リサーチする時自分の主観とお客さんの悩みのギャップの比較。
  • 昨日の自分と今日の自分の比較。

 

ビジネスに取り組む上で、

いろんな場面で比較するシチュエーションが出てきます。

 

例えば、ビジネスの計画を立てる時。

ビジネスを設計していく際は順番に仕組みを作っていくことが大事になってくるんだけど、

仕組みを作る上で、まず誰にむけて何を提供するのか、この根本が決まってないといけません。

 

ビジネスの原則は、

お客さんが何に悩んでて、

何を提供すれば解決してもらえるか?

そして自分はどんな価値を提供できるのか?

逆に価値提供する上で自分に足りない部分、

補わないといけないことはなんなのか?

などなどこれらを一通り考えて実現可能な計画を立てなければなりません。

ビジネス設計の詳しい話に関してはメルマガで語ってるので、

是非そっちを見てください。

よっしー公式メルマガはこちら。

 

話を戻します。

 

このように、比較すること自体はビジネスのあらゆる場面で重要になってきます。

比較の概念なしにビジネスを語ることはできません。

 

でも、ビジネスにおける比較の話において、

これだけは避けなければならない、ってことがあります。

 

それは、他人と比較する際に感情的になってしまうこと。

これは絶対にやってはいけないです。

 

なぜなら、他人と比較した際に感情的になってしまうと、

自分自身に劣等感を感じてモチベが下がり、

ビジネスに対する姿勢が後ろめたいものになるからです。

 

もちろん、他者、つまりライバルなどと比較して分析することは必要です。

しかし、相手がどれぐらい稼いでるとか、

どれぐらいファンがいるとか、

こういうのを感情的になって自分を比較しても意味ないんですよね。

 

僕がビジネス始めた時も、これをやってたことがありました。

周りに月収100万稼いでる人がゴロゴロいるのに、

自分だけ0円。

頑張ってるにもかかわらず稼げない。

なんだよクソ。

ネットビジネスとか詐欺じゃねーか。

とかなんとか思ってた時期がありましたが、

これね、やっても意味ないんですよ。

今思えば、そんなのどうでもいいからライバル分析しろと

軽く後悔してます。笑

 

心がブレるんですよ。

いい結果を出しても調子に乗るし、

結果が出なければ猛烈な不安に襲われる。

 

ぶっちゃけなんの生産性もないし、

まさにウェイストオブタイムじゃないかな。

 

そもそも他人がいくら稼いでるとか、

どれだけ実績があるかとか、

そういうの超どうでも良いんですよ。

 

自分は0円です。

あの人は月収100万です。

あーこの人頭いいからなんだろうなー。

実績ありまくりだしセンスあるんだろうなー。

 

自分より年下なのに、

自分まだまだだなー。

全てにおいて負けてるやん。

はー萎えるわー。

 

といった感じになること、ありますよね。

 

他人を感情的に比較してしまうと、

そのデータから得られるものが何もないんです。

 

これ、ビジネス初心者にやりがちな単純な比較です。

僕もそうでした。

僕はビジネス始めてから1年半収益0円だったので、

自信なんてありゃしないし、

セルフイメージは最悪。

なのに僕の目の前に19歳で月100万稼いでる異次元人間が現れた。

 

あーーーー俺まじセンスねええええええ。

と勝手に萎えてました。笑

 

でも、感情的になってもなんも解決しません。

むしろ時間だけが奪われて害悪になってしまいます。

 

凹んで、

自分は記憶力がないとか、

頭良くないんだとか、

才能ないんだとか、

そういうの言ってても時間の無駄。

命の無駄。

人生の無駄です。

 

そういう凹みモードになったら速攻で気持ちを切り替えるべきです。

 

僕的におすすめなのが、

他人と比較するのではなく、自分と比較すること。

 

要は、

過去の自分、今の自分、そして将来の自分との比較をしましょうってことです。

 

これができるようになると、かなり不安から解消されるようになりますよ。

他人と比較して一喜一憂してると、かなりエネルギーを使います。

人間リソースは限られてるので、無駄に体力使っては作業が捗りません。

 

他人と比較するのではなく、

客観的に自分を眺めて、

昔の自分と比べてどう成長したか?

と比較していくのです。

 

あー自分1ヶ月前と比べると結構仕組みの概念理解できたなーとか。

 

あーそうだ。

本当に何もわからないからとりあえずよっしーの再生リストを反復しまくったなー。

みたいな。

 

よく考えたら俺、昔より確実に知識ついてるな。

少しはマーケティング理解できるようになったな。

 

でも稼ぐためにはまだまだ知識足りないな。

実戦ベースに移せてないから、次は得た知識をもとに行動してみるところから始めるか。

ちょっとハードル高いけど、何もしないよりマシだ。

完璧じゃなくて良いから6割くらいできればおk!くらいのノリでメディアを作ってみよう。

 

このように過去、今、未来という時間軸を意識して、思考を巡らすのです。

これこそ生産的かつ意味のある比較ではないでしょうか?

 

表面上しか見ない薄い他者との比較とは訳が違います。

 

他人と比較して不安になる起業家は、

自分の成長のために、

自分と自分を比較するべきなのに、

自分と他人を比較してしまうからこそ無駄に疲れてしまうのです。

 

そこを変えていくだけでも、

かなりビジネスの取り組むモチベが変わってくるはずです。

 

ちなみに僕は他人と比較した時、

萎えるのではなく、

この人はなぜこんなに稼いでるんだ?

どうしてこんなにファンが出来るんだ?

俺に真似できるところはないか?

と分析思考で見るようにしてます。

 

こうすることで無駄にメンタルすり減らすことがないし、

学びも得れるので、一石二鳥ですね。

 

やっぱ上には上がいることを痛感してるので、

僕もそっちの世界に行きたいと思ってるし、

成功者を見てうぐぐと思ったら、

盗めるところはないか、

めっちゃ調べます。

 

真似できるポイントがあれば、

自分のビジネスでも伸ばすことができますからね。

 

 

最後に、1つ注意点を挙げると、

このような「思考の癖」は1日とかそこらで習得できるものではないということです。

 

要は思考を慣らす必要があるのです。

他人と比較する癖がある人はすぐ他人と比較しちゃうし、

セルフイメージが最悪ですぐ自分を卑下する人は、

何か些細なことですぐ自分はダメ人間だと思い込みたくなります。

 

その時、大事なのが、

まずダメだってことを認めることです。

他人と比較して不安になってる時は、

そうなってる自分を素直に認めてあげる。

 

あーまた比較しちゃってるや。不安になってるな俺。

 

とそうやって客観的に見つめ直すことが、

自分の思考の癖を直す第一歩になります。

 

いきなり完璧に変えるのって難しいので、

ベイビーステップでいいからちょっとずつ積み重ねていきましょう。

 

では!

常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語ったメルマガを公開してます

僕は19歳の時に起業しました。

その結果月収50万達成し、
現在はさらなる高みを目指すために、自ら主体的に勉強しています。

 

稼げるようになってからは精神的にも余裕が生まれましたし、
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

 

しかし、元々僕はプライドが高く、コミュ障根暗陰キャでコンプレックスまみれ。
起業する人種とは到底思えないような人間でした。

 

下記の記事では僕が七転八倒の人生からどのようにして起業の世界に出会い、
月収50万を稼いだのかを公開してます。

 

よっしーの理念「自由奔放に生きる人生」

 

また、常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語った、よっしー公式メールマガジンを発行しています。

 
  • 学歴コンプだった僕がネットで収益を出した物語
  • 21歳の僕がいかにして収益を出したか?
  • 年収3億の起業家たちと絡んで知った学校では教えてくれない本当のお金持ちの世界とは?
   

などなど、
メルマガではブログや動画では語られない情報も公開してます。

 

なお、登録者限定で、
偏差値40コミュ障陰キャ、女の子と話すことすらビビってたよっしーが、
どのようにしてビジネスに出会い、自信を得て人生を変えたのか赤裸々に公開した電子書籍
をプレゼントしています。

 

こちら読者さんからはかなりご好評をいただいてます。

 

メールアドレスを入力すれば、
期間限定で無料でプレゼントを受け取れますので、
ぜひ以下から受け取ってみてください。

 

【メルマガ読者限定無料プレゼントを受け取りたい方は下記画像をクリック】

学んだ知識はアウトプットして自分の血肉にしていきましょう!↓