学歴があることが成功の証か?

どうも、よっしーです。

僕は高校時代から学歴コンプレックスを抱えていました。

自分と友達に学力の差がありすぎたせいで劣等感を感じ、

高校受験直前に体育の授業中に背骨を圧迫骨折し、

1ヶ月寝たきりになったことで自分に対する運の無さを嘆き、

うつ病を発症し、現実逃避にネットゲームを始めてどっぷりハマるという社会不適合者のような生活を送っていたことがありました。

大学受験も頑張って勉強したにもかかわらず、全くもって模試の偏差値は上がらず、

1年浪人してようやく入ったのがFランク大学。

1年でFラン大学か…と自分の学歴に対して早稲田慶應のような高学歴の人に対して、すごくコンプレックスを抱いてました。

今はもう学歴コンプレックスなんてものは吹っ飛んでいきましたが、

それはある1つの考え方に出会ったからなんです。

なので今回はその考え方や学歴に対する僕の視点を述べていきます。

 

僕にとっての成功とは人生を楽しむことである

僕の成功の定義とは、人生を楽しめたかどうかだと思います。

決して学歴を得ることが成功につながるとは限らないんですよね。

学歴を手に入れたらいい会社に就職できるし、

お金も稼げるじゃん!って思うかもしれませんが、

今の時代、学歴を得たからって自分が望んでた会社に就職できるとは限らないし、

就職先での仕事が自分の想像とはかけ離れたブラック企業だったりすることもあります。

 

逆に言えば、

どれだけいい会社に入ってても、

仕事が楽しくなかったら成功とは言えないし、

どれだけいい会社に入ってても楽しくなかったら

それは成功ではないと思うんですよ。

 

会社の仕事が大変でも、お給料が少なくても、

それが心の底から本当に幸せと感じているのであれば、

それは成功と定義してもいいではないでしょうか?

 

学歴コンプに囚われていたよっしー

僕は偏差値40の高校に入って、1浪でFラン大学に入りました。

 

この頃の僕はものすごく人生が灰色でした。

学校つまんないし、勉強ついていけないし、

教室の隅っこで一人座ってるような落ちこぼれの人間でした。

 

高校時代の話をすると、僕の友人は偏差値60以上の高校に行ってたので、

「あいつは頭いい高校行ってるのに、俺は偏差値40のバカ高に行ってる」

と、友人と比較してすごく劣等感を感じていました。

 

挙げ句の果てには、

「俺の友達はこんな頭いい高校行ってるんだぜw」と意味不明に自慢し、

頭いいやつと絡みがある自分を棚にあげるようなことを

僕のクラスメイトに言いふらしてたことだってありました。

虎の威を借る狐です。

勉強できない癖にプライドだけは高かったのです。

 

だから勉強できない自分、勉強が続かない自分が認められなかったし、、、

勉強できない自分を認めてしまったら、僕の立場は一瞬で崩壊するのですから。

 

もう僕はどうすることもできませんでした。

「なんで年は同じなのにこうも学力に差が出てしまうんだ。」

「なんであいつはあんな頭良くて俺はこんなにバカなんだ。」

「みんな俺をバカにしてくる。あいつは偏差値40なんだぜ。って目で見て笑っている。」

 

僕は世間の目が怖くて怖くて仕方ありませんでした。

気付いたら若い時間だけが過ぎて、大学受験期に突入しましたが、

結局勉強できないことは変わらず、現役で滑り止め含めた志望校全て不合格に。

浪人という恐れていたことが現実になってしまったのです。

 

浪人は恥ずかしいことだ、無職、ニートと一緒。

そう思ってたしそう両親から教わりました。

 

だからこそ、浪人期も奮闘して勉強に励もうとしましたが、

思うように勉強のモチベーションが続かず、結局Fラン大学にしか行けない状態になりました。

 

ブランドのある大学に通ってる人が羨ましいです。

 

だって、みんな現役で名門大学に入ってるのに、

僕は浪人してFランですよ。

 

昔ほど出しゃばることはなくなりましたが、

「別に学歴とかもういいや」と建前を言って偽りの仮面をつけていました。

 

こうなってしまえば、心の底から信頼できる人もできません。

人と話すことに怯えていたので会話もろくにできません。

ボロが出そうになるからです。

 

本当は俺だって早稲田慶應行きたかった。

でも僕はバカだから偏差値が上がらなかったんだ。

 

 

もう心の中がぐちゃぐちゃになって、

 

偽りの仮面をつけて、

 

辛くて、苦しくて苦しくて、、、

 

だからこそ、僕はネットビジネスを始めたのです。

 

人間の価値は学歴で全てが決まるわけではない

高学歴の人は価値があって、低学歴の人は価値がない。

本当にそうなのでしょうか?

僕はそもそもこの根底部分が間違っていると思うんですよね。

 

確かに低学歴より高学歴の方がいい成績を取ってきてるので、価値はあるかもしれません。

でも、それだけが人間の価値を決める手段なのでしょうか?

今の僕から言わせていただければ、

学歴なんて所詮肩書きの1つに過ぎなんですよ。

 

昔こそ、僕は友人に劣等感にまみれていましたが、

今は全くもって学歴コンプを感じることはなくなりました。

なぜなら、自分でお金を稼いだことで大きな自信を得ることができたからです。

 

お客さんを楽しませて、喜ばせて、価値を提供して、

「よっしーさんのおかげで希望が湧きました」

「よっしーさんのおかげで人生変わりました」

と、お客さんに感謝され、

さらにお金が稼げるようになって、、、

僕にとってこれ以上の幸せはありません。

そう言っていただけるようになって、嬉しくてくれしくて仕方ありませんでした。

心からの感謝の言葉なんて、

学生時代、一度も言われたことありませんでしたので尚更です。

 

新しい人脈も増え、

彼らもひたむきになって成長しようと切磋琢磨している姿を見て、

純粋にかっけぇなって思えたし、

凄すぎる人間が大量に出てきたので僕のプライドは尽く破壊されました。

俺もあんなかっこいい大人になりたいなって。

 

昔の僕は、

自分が学歴を得るために勉強を頑張ってきた過程を無駄と思いたくなかった。

から、学歴コンプレックスを抱いてました。

でもそれって、すごく時間の無駄だと思いませんか?

だってこの先50年60年と生きていくわけじゃないですか。

だったら過去のことなんて水に流して、(反省すべきことは反省して)

その先の人生を楽しむためにはどうすればいいのか?って、

未来のことを考えながら笑っていた方が、人生の密度が濃くなるし、

学歴なんてどうでも良くなると思うんですよ。

学歴なんてなくても、人間的魅力が欠如することは絶対にないし、

人生どうとでもなるというか、

僕が低学歴だからこそ言えるんですが、全然人生楽しめます。

 

学歴がダメなら学歴以外で勝負すればいいんです。

僕はそれでネットビジネスの世界に飛び込みました。

低学歴でもお金を稼ぐ方法だってあるし、

人生を楽しむ方法もあるってことを知れたからです。

 

もちろん学歴が必要な場面もあります。

明確になりたい業種があったり、入りたい会社があったり、研究したい分野があったり、

医者とか弁護士とか、学歴が必要になってくるものはあるのは重々承知です。

でも、そのくらいなんですよ。

必要な時って。

別に学歴はあった方がいいかもしれないけど、

普通に暮らしていく分には、なくて困ることはないです。

 

もちろん、仕事で成功したいなら努力する必要はあります。

僕もネットビジネスという仕事を通して成功するために死に物狂いで勉強しました。

ひたすら情報に投資して、知識を脳みそにぶち込んで、

その結果今は金銭的にも時間的にも自由になることができました。

好きな時に旅行行けるし、

いっぱいお酒飲めるし、

ゲームしまくれるし、

なんなら大学受験再チャレンジだってできます。笑

 

要するに何が言いたいのかというと、

学歴なんかに囚われたってどうしようもないってことです。

それより、どうやったら人生楽しく生きられるか?が大事であり、

そして楽しく生きるために学歴はマストではないのです。

 

僕は低学歴ですけど、それなりに収入はありますし、

学歴コンプに囚われてた学生時代より人生を謳歌しています。

世界がまるで違います。今が本当に楽しいです。

こうなれたのはネットビジネスの世界に飛び込んだからです。

ネットビジネスは勉強すればするほどお金が稼げるという完全実力至上主義の世界で、

低学歴だろうが関係なく大手企業のサラリーマン並の収入を出すことができます。

学歴より、その人の持ってる知識やスキル、経験が大事になってくるからです。

 

僕はその知識やスキル経験をどんどんブラッシュアップさせて、

もっと凄い実績を持ってる人とたくさんお話して、

カッコよく老けていけたらいいなーとか思ってます。

 

たまに、学歴でマウント取って「〇〇大学はバカだー」とか言ってる人とかいますけど、

あんな意見オール無視でいいですからね。

んなもん知るかって感じです。

そういう人って学歴くらいしか取り柄がないので、

寂しい人だなーって思いながら暖かい目で見てあげてください。

 

高校受験、大学受験で失敗しようが死にやしません。

低学歴だろうが人生失敗にはなりません。

世間も言うほど気にしてないし、僕も全く気にならないです。

ぜひ自分の人生をもう一度見直してみてください。

あなたの成功の定義はなんですか?

 

常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語ったメルマガを公開してます

僕は19歳の時に起業しました。

その結果月収50万達成し、
現在はさらなる高みを目指すために、自ら主体的に勉強しています。

 

稼げるようになってからは精神的にも余裕が生まれましたし、
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

 

しかし、元々僕はプライドが高く、コミュ障根暗陰キャでコンプレックスまみれ。
起業する人種とは到底思えないような人間でした。

 

下記の記事では僕が七転八倒の人生からどのようにして起業の世界に出会い、
月収50万を稼いだのかを公開してます。

 

よっしーの理念「自由奔放に生きる人生」

 

また、常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語った、よっしー公式メールマガジンを発行しています。

 
  • 学歴コンプだった僕がネットで収益を出した物語
  • 21歳の僕がいかにして収益を出したか?
  • 年収3億の起業家たちと絡んで知った学校では教えてくれない本当のお金持ちの世界とは?
   

などなど、
メルマガではブログや動画では語られない情報も公開してます。

 

なお、登録者限定で、
偏差値40コミュ障陰キャ、女の子と話すことすらビビってたよっしーが、
どのようにしてビジネスに出会い、自信を得て人生を変えたのか赤裸々に公開した電子書籍
をプレゼントしています。

 

こちら読者さんからはかなりご好評をいただいてます。

 

メールアドレスを入力すれば、
期間限定で無料でプレゼントを受け取れますので、
ぜひ以下から受け取ってみてください。

 

【メルマガ読者限定無料プレゼントを受け取りたい方は下記画像をクリック】

学んだ知識はアウトプットして自分の血肉にしていきましょう!↓