お金について悩まなかった日は一度もなかった

どうも、よっしーです。

僕はお金がなくて常に悩んでいた。

小学校の頃はお小遣い1日10円、中学校では月1000円、

もう本当に、とにかくお金が全然なかった。

ちなみに高校は月5000円+バイトでお金を稼いでた。

高校はバイトができるのでまだマシだが、

小中、特に中学校は特に人付き合いも増えてお金を使う機会が増えた。

しかし、当たり前だがバイトはできないのでお金を稼ぐ手段がお小遣いしかなかった。

何が言いたいのかと言うと、お金の需要と供給のバランスが崩壊していたのだ。

 

飯すら友達と食べれないよっしー

中学生になれば思春期になり、人脈が増えていろんな人と交流するようになる。

同じクラスメイトの友人、

クラスメイトの友人の友人、

部活の先輩後輩、

一緒に行動するようになれば当然お金を使う。

やりたいことだって当然増える。

一緒にゲームセンターで遊んでみたり、

一緒に食事したり、

一緒にお祭りに行ったり、

最新ゲームを友達と一緒に楽しむためにゲームを買う、なんてこともするだろう。

とにかく、お金を使う機会が、小学生より圧倒的に増える。

だから、僕にはお金が必要だった。

しかし、僕はお金を使いたくなかった。

なぜなら、

遊びに行くだけで、お金が一瞬で溶けるからだ。

1000円じゃお祭りでお面1つ買うだけで全財産が吹っ飛ぶ。

みんなと一緒に焼きそば食べよーぜ!と誘われ、

ノリでみんなが焼きそばのために400円出してる姿を僕は横からみてた。

「あれ、かめちゃん(僕)買わないのー?」

「一緒に食べよーぜ!」

彼らは当然皮肉とか悪気があるわけではない。

純粋に誘ってくれている。

しかし僕はお金がない。

自分がお金がないせいで、自分だけ買えず、

その場の雰囲気を壊していた。

「すまん、俺、金ないんだ…」

なんてみっともない姿だろうか。

しかし、友人たちは、

「お、そうか、なら俺がお金出すよ」

と何事もなかったかのようにお金を出してくれた。

僕は心の中で泣いていた。

喉に詰まってしまうようなとてつもない罪悪感に押しつぶされそうになっていた。

僕のような人一人のためにお金を出してくれる人がいるなんて、

本当に申し訳ないって思ったし、

同時に自分のお金のなさ、

ドケチな性格を憎んだ。

お金があればもっとお祭りを楽しめるのに。。。

奢ってくれた彼の財力が純粋にうらやましかった。

聞いたところによると、お小遣いは万単位でくれてたらしい。

正直中学生で万単位を渡す親もどうかとは思うが、

万まで行かなくても、

数千円でいいからもう少しお金が多かったら、、、

と思うことは本当にあった。

 

サイゼリヤにいった時もそうだ。

ご注文はお決まりですか?と、店員に言われた時、

友達はなんて言ったか、

「俺カルボナーラで」

「俺マルゲリータピザで」

「じゃあ俺はミラノ風ドリアで」

 

僕はこの時、は?って思った。

なぜそんな金が使えるのだ。と。

僕「フォッカチオで…」

友達一同「え」

「お前食べないで大丈夫か?」

心配されたが、僕はお金がないのだ。

だが、お金がないなんて言えるわけがない。

だから、

「あーっ、ちょっとお腹空いてなくてさーww」

と誤魔化した。

僕は嘘をついたのだ。

人に嘘をつくのが嫌いだった僕はもうテンション駄々落ちである。

お金があれば、下手な嘘をつく必要すらもないと言うのに。

あまりに僕がお金を使わないので、

陰ではケチなやつと言われてたかもしれない。

 

ケチすぎて愛想尽かされ彼女に振られるよっしー

中学2年の時は初めての彼女もできた。

しかし、付き合った期間は1ヶ月。

その1ヶ月何をしてたかと言うと、

  • 毎日家でデート
  • 近所のお祭りに行く

 

これだけである。

まず、そもそも論として、

家でデートする。これは別にいいと思うかもしれない。

しかし、それが夏休み毎日あるとしたらどうだろうか?

しかも、ただ一緒に寝るだけ。

マジで寝るだけ。

あとはたまにテレビを一緒に見るくらい。

特別何かするってわけでもない。

こんな男にどんな価値があるのあろうか。

僕だって、もっといろんなことしたかった。

一緒に出かけたかったし、

プレゼントとかも渡していたかった。

しかしできなかった。金がないからである。

月1000円で何が買えるだろうか。

どこに連れてってあげれるだろうか。

一緒に食事することすらできない。

交際費が高すぎてお金が使えないのだ。

一度だけ近所の祭りには行ったが、結局何も奢れなかった。

「りんご飴欲しい」と言われ、

買うのを渋ってしまった。

多分これが理由で彼女は愛想尽かしたんだだろう。

僕はお祭りから数日で振られた。

結局お金なんだな。自分が楽しむのも、相手を楽しませるのも。

 

ビジネスに出会ってお金稼いで、やっぱ結局お金なんだな

よく世の中金じゃない!って言う人がいるが、

それは間違ってると思う。

自分が幸せになるためにも、相手を幸せにするにもお金は必要だ。

大事な人より金を取るのか?と質問が飛んできそうだが、

まず、大事な人を守るならお金があれば簡単に守れる。

病気から守るなら、治療費を出して病気を治せるかもしれない。

しかし、お金がなかったら治療費が出せない。

結局お金がないと守ることすらできないのだ。

特にこの日本という社会は資本主義国である。

資本主義、すなわち金が第一の主義であり、金持ってる奴がえらい国家である。

幸せになるためにはお金は必要不可欠なのだ。

だから僕は浪人中に起業という選択肢をとった。

最初は、就職しか考えてなかった。

というか個人で起業することができることを知らなかった。

でも運よく僕は知れた。

起業しない理由がなかったので、情報発信を始めた。

最初はもちろん不安だった。

未知の世界だ。怖くないわけがない。

アフィリとか詐欺なんじゃないか、

お金を稼ぐ方法を教えるとか騙してるんじゃないか、

操られてるんじゃないか、

色々思うことはあった。

でも、僕は中学校の時のような、

お金のせいで人間関係が崩れるという思いはしたくなかったのだ。

お金を稼いでからは関わる人間が大きく変わった。

ビジネスで切磋琢磨しあえる友達、いや仲間が増えた。

金を稼いだおかげで、金を稼いでる人との付き合いが増え、

飲みに行ったり、温泉に浸かったり、作業会をしたり、

充実した生活を送っている。

これもお金があるからこそできる。

お金がなかった頃も、お金を稼いだ後も、

やっぱりお金は必要なんだと感じた。

もしこの文章を読んでるあなたがお金に困っているのであれば、

是非ビジネスを始めてみて欲しい。

僕自身、ビジネスを通して金銭的なコンプレックスを解消できた。

そんな思いを、僕のブログを見てくださってるあなたにも体験して欲しい。

絶対、人生がいい方向に進むことだけは保障する。

常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語ったメルマガを公開してます

僕は19歳の時に起業しました。

その結果月収50万達成し、
現在はさらなる高みを目指すために、自ら主体的に勉強しています。

 

稼げるようになってからは精神的にも余裕が生まれましたし、
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

 

しかし、元々僕はプライドが高く、コミュ障根暗陰キャでコンプレックスまみれ。
起業する人種とは到底思えないような人間でした。

 

下記の記事では僕が七転八倒の人生からどのようにして起業の世界に出会い、
月収50万を稼いだのかを公開してます。

 

よっしーの理念「自由奔放に生きる人生」

 

また、常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語った、よっしー公式メールマガジンを発行しています。

 
  • 学歴コンプだった僕がネットで収益を出した物語
  • 21歳の僕がいかにして収益を出したか?
  • 年収3億の起業家たちと絡んで知った学校では教えてくれない本当のお金持ちの世界とは?
   

などなど、
メルマガではブログや動画では語られない情報も公開してます。

 

なお、登録者限定で、
偏差値40コミュ障陰キャ、女の子と話すことすらビビってたよっしーが、
どのようにしてビジネスに出会い、自信を得て人生を変えたのか赤裸々に公開した電子書籍
をプレゼントしています。

 

こちら読者さんからはかなりご好評をいただいてます。

 

メールアドレスを入力すれば、
期間限定で無料でプレゼントを受け取れますので、
ぜひ以下から受け取ってみてください。

 

【メルマガ読者限定無料プレゼントを受け取りたい方は下記画像をクリック】

学んだ知識はアウトプットして自分の血肉にしていきましょう!↓