どうして僕たち経営者はマーケティングを学ぶ必要があるのか?

どうも、よっしーです。

僕はYouTubeやメルマガなどで、

うるせーよってくらいマーケティングは大事だって話をしてますが、

本当に大事なんで改めてマーケティングに関して書いていきますね。

なぜマーケティングを学ぶ必要があるのか

それは、

いいもの作れば売れる時代じゃなくなったからです。

 

マーケティングって概念なんで、人によって定義が異なったりするんですが、

簡単に言ってしまえば、売るまでの導線設計を考えることがマーケティングです。

ビジネスの基本戦略として、

集客して商品説明して販売するのが鉄板なのですが、

これに当てはまらないビジネスは存在しません。

全てこの基本に則ってます。

飲食だろうがサロンだろうがアフィリエイトだろうが、

全てこれです。

で、この流れをうまく回すためにマーケティングは必要なんです。

「集客して商品説明して販売」の基本線をつくるための仕組みづくりをするのがマーケティングです。

例えば、

どうやってお客さんを集めるのか?

どうやったらお客さんにうちの商品を認知してもらえるのか?

どうやったら商品が欲しいと思ってもらえるのか?

どうやったらお客さんが自分に畏敬の念を抱いてくれるのか?

どんな商品を売って利益を出すのか?

などなど、上げたらキリがないですが、これが導線設計です。

このマーケティングができてないと行き当たりばったりのビジネスになって、

全然物が売れないなんてことがザラにあります。

それはネットであろうと大手企業であろうと同じことが言えます。

原理原則として考え方はネットも大手も同じですからね。

そういう意味では、ネットビジネスのようなスモールビジネスでマーケティングを学ぶと

大手でも通用するような最強個人マーケターが完成します。

ちょっと歴史の話をしますが、昔って物がなかった時代なので、

物作ってれば簡単に売れたんですよね。

でも今は物が溢れかえってます。

だから単にいいもの作って売るだけでは通用しない時代に移り変わってきてます。

だからこそマーケティングが重要視されてるのです。

物を販売するための仕組みがないと正直きついってレベルまできてます。

 

なぜ、マーケティングが必要なのか?

最も簡単な答えは、それは、

ものが溢れかえっていいもの作れば売れる時代じゃなくなったからです。

日本人はいいもの作るけどマーケティングを知らなさすぎて海外から安く買い叩かれている

たまに聞きませんか?

日本製って質がめっちゃいいししかも安い!と。

これはマーケティングを知らないからこそ起きてる現象です。

日本ってマーケティングを学ぶ機会がマジで無いんですよ。

僕が大学生だった頃、

僕は経済学部だったので経済は学びましたがマーケティングは一切学びませんでした。

2年3年4年でも必修科目にマーケティングがなかったので、

一切学ばず卒業できるのだと思います。

対して大学の友人に話を聞いたところ、

経営学部はマーケティングを学べるみたいなのです。

内容見させてもらいましたが、マーケティングの本質部分に一切触れず、

なんちゃら分析とかいきなり戦術レベルの超むずいことを勉強させられてました。

これ、どこで使うん?みたいな内容ばっかで、

これじゃあマーケティング知らなくて当然だよな〜と納得したのを今でも覚えてます。

というか、日本はお金=悪という謎の価値観に染まってるので、

お金の勉強を全然しないんですよね。

まあそれには日本の教育制度の話が関わってくるので、

興味ある方は僕のメルマガで学んでもらいたいのですが、

それは置いといて、

日本はお金の勉強を全然しないのに対して、

欧米では小学生の頃からマーケティングをしっかり学び、

しまいには資産運用の仕方まで勉強するそうです。

これじゃ知的格差が出て当然ですよね。

欧米人にとっては、

「物を売るにはその仕組みを作らなければいけない」

という当たり前の話を日本人は理解してないのです。

これでは日本は海外の思う壺です。

 

僕らはどうやってマーケティングを学べばいいのか?

マーケティングはセンスや才能の世界ではありません。

学べばどうとでもなります。

でも、学校ではマーケティングは教わりません。

マーケティングを学ぶ環境がない以上、自分で勉強しなければなりません。

だから、情報に投資して知識を蓄えていく必要があります。

知らないから負けてるってことは、言い換えれば知れば勝てるということですからね。

書籍を読み漁ったり、ブログやメルマガ読んだり、情報商材買ったり、

とにかく知識にお金を使わなければなりません。

無料の情報ってすごくたかがしれてるんですよね。

質の悪い物ばかりですし、体系的にまとまってないので学ぶのにすごく時間がかかります。

お金を払って時間を得て、最短最速で勝てたほうがいいに越したことがありません。

時間は有限ですから。

実際、僕も大量のお金を情報に投資してます。

僕に限らず、成功してる起業家って誰一人として情報投資してない人っていません。

例外なく学びにお金を使ってます。

常にアンテナ張って、いろんなことを吸収しようとしてます。

知識を得るというのはビジネスやる上で大大大前提となる話です。

情報投資無しにして金持ちになることはほぼ不可能です。(時間が無限にあれば可能)

勉強して実践して経験を得る。

これが立派な起業家としての成長につながっていきます。

そういう意味ではネットビジネスってめちゃコスパいい市場です。

自分でスモールビジネスを立ち上げてマーケティングを学んで実践することが可能なのです。

しかも初期費用かからないので誰でも参入することが可能です。

どうやってマーケティングを仕掛けていけばいいのか?

これがわかればお金稼ぐのなんてお茶の子さいさいです。

たまに、サラリーマンは3年続けるべしみたいなことを言ってる人がいますが、

これ意味不明でして、サラリーマンがやるととと起業家がやることって全く違いますからね。

全く因果関係がありません。

会社に就職したところでそこでマーケティングを学べるとは限らないですし、

というか他の仕事をやらされたりするのでぶっちゃけ学べないです。

学生でも会社員でもネットビジネスをやれば稼ぐことはできます。

あれこれ理由つけて行動しない人がいますが、

本当に勿体無いですね。

やるやらないは自由なので僕は強くは言わないですが、

少なくとも小規模ですら成功できなければリアルでも成功できませんからね。

まずは知識に投資して情報を集めて実践してみる。

これが最短最速です。

 

マーケティングから話が脱線してしまいましたが、

マーケティングも知識ですからね。

どんどん勉強していきましょう。

 

では!

 

常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語ったメルマガを公開してます

僕は19歳の時に起業しました。

その結果月収50万達成し、
現在はさらなる高みを目指すために、自ら主体的に勉強しています。

 

稼げるようになってからは精神的にも余裕が生まれましたし、
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

 

しかし、元々僕はプライドが高く、コミュ障根暗陰キャでコンプレックスまみれ。
起業する人種とは到底思えないような人間でした。

 

下記の記事では僕が七転八倒の人生からどのようにして起業の世界に出会い、
月収50万を稼いだのかを公開してます。

 

よっしーの理念「自由奔放に生きる人生」

 

また、常識のレールに囚われず人生のレールを自分で敷いて生きる方法を語った、よっしー公式メールマガジンを発行しています。

 
  • 学歴コンプだった僕がネットで収益を出した物語
  • 21歳の僕がいかにして収益を出したか?
  • 年収3億の起業家たちと絡んで知った学校では教えてくれない本当のお金持ちの世界とは?
   

などなど、
メルマガではブログや動画では語られない情報も公開してます。

 

なお、登録者限定で、
偏差値40コミュ障陰キャ、女の子と話すことすらビビってたよっしーが、
どのようにしてビジネスに出会い、自信を得て人生を変えたのか赤裸々に公開した電子書籍
をプレゼントしています。

 

こちら読者さんからはかなりご好評をいただいてます。

 

メールアドレスを入力すれば、
期間限定で無料でプレゼントを受け取れますので、
ぜひ以下から受け取ってみてください。

 

【メルマガ読者限定無料プレゼントを受け取りたい方は下記画像をクリック】

学んだ知識はアウトプットして自分の血肉にしていきましょう!↓